新しいiPhone 6s、旧iPhoneからデータ移行する?一から設定して使う?

iphone-6s-2

ついに明日(9/25)発売となる、iPhone 6sと6s Plus

多くの方は、今持っている旧版iPhoneからの乗り換えになるかと思います。

いざ新しいiPhoneを受け取ったときに考えるのが、元々もっていたiPhoneからデータを移行するか、一からセットアップし直すかということ。

この記事では、それぞれのやり方やメリットについて考えてみることにします。


① iPhone 6sへ旧iPhoneからデータを移行する

現在使っているiPhoneの設定やデータ、アプリ等をそのまま引き継ぎたい場合は、データを移行することになります。

やり方は2種類。パソコン(iTunes)を使う方法、それにiCloudを用いる方法です。

前者のやり方については、以下の記事を参照ください。

後者は、ソフトバンクのページですが以下をどうぞ。
iCloudは5GBまで無料ですがそれを超えると料金が必要(→AppleのiCloudページへ)なため、無料プランの方は全データを移行できない可能性がありますのでご注意を。



データ移行する場合のメリットは、なんといっても新しいiPhoneに移っても、何も変わらずいつも通り使うことができること。

目新しさは若干薄れますが、ほとんど手間をかけずにいつものiPhoneを使い続けることができます。

ただし、まれに移行できないデータもあるのでご注意を。

② 一から設定して使う

せっかく新しいiPhoneが来たのだから心機一転、一から設定したり必要なアプリをインストールして使うという手もあります。

面倒そうに思えますが、クラウドサービスが発達している現在において前のデータがなくて困ることは意外に少ない。
アプリをダウンロードしてユーザーID、パスワードを入れてしまえばそれでOKなものがほとんどと言ってもいいくらいです。
(もちろんアプリによって違うので、よく使うアプリについてはご確認ください)


この方法のメリットとしては、今必要なものだけ再設定、ダウンロードすることで断捨離でき、容量も空くこと。

長く使っていると、iPhoneにはもう使わなくなったアプリやデータがじわじわ溜まってしまいがち。新しいiPhoneには必要なものしか入れないようにすれば、多少の手間はかかるものの間違いなく無駄のない「現時点でのさいきょうのiPhone」が出来上がります。

あとがき

iPhone 6のときには②の方法で一からセットアップした私ですが、今回はさほどデータやアプリも増えていないのでデータ移行しようかと考えています。これまで使っていた16GBから64GBモデルにするので、容量も余裕がありますしね。

明日の発売に向けて、どちらにするか考えてみてください!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら