沖縄「前田食堂」の牛肉そばは、ラーメン二郎かと見紛うほどの山盛りの具がインパクト大。

Maedashokudo 1

ここ数年、毎年恒例となっている沖縄合宿。

今年は沖縄本島北部に宿泊したので、その周りで美味しそうな店はないかといろいろ調べていました。

発見したのが「前田食堂」というところ。ネーミングも佇まいも昔ながらの食堂といった感じで、地元民も集まるお店らしい。


ここの名物「牛肉そば」に乗る具の牛肉野菜炒めは、見た目がまるで首都圏の人気ラーメン店・ラーメン二郎のよう。インパクト大かつおいしい。

沖縄北部でおすすめしたいお店の1つです!


沖縄北部にある昔ながらのお店「前田食堂」

沖縄合宿メンバーと一緒に訪れたのは、沖縄北部の大宜味村というところにある「前田食堂」。

地元の土建屋さんの車などが多く停められていました。
店構えがいかにも沖縄な感じでいいですねー。

Maedashokudo 1

壁に飾られた多くのサインと、メニュー。
定食メニューとそばがありますが、事前調査によると名物は牛肉そばらしい。じゃあ、当然それいっとくしかないでしょう。

Maedashokudo 2

あまり広くはないですが、味のある店内。平日の昼過ぎでしたが満席。
後から韓国人観光客らしき人もやってきてました。どこかで紹介でもされてるんかな。

Maedashokudo 3

盛りが豪快!牛肉そば

見よ!この盛りっぷり!これが前田食堂の牛肉そばです。

Maedashokudo 4

炒めた大量のもやし、ニラ、牛肉。そばやスープがほとんど見えないくらいに乗っています。

Maedashokudo 5

これは……そう、ラーメン二郎を彷彿とさせる。。。

ramenjiro_mitahonten_6

肉野菜炒めはかなり胡椒が効いていて辛め、それに対しスープはかなりあっさりめで全体としてはバランスの良い感じに仕上がっています。

Maedashokudo 7

そばとスープだけだと個人的にはちょっと物足りなかったのですが、具と一緒に口に入れるとほどよい味に。一口に沖縄そばといっても、いろいろあるんやなあ。

Maedashokudo 8

もちろん、沖縄のそば屋さんには必ずあるコーレーグース(島唐辛子の泡盛漬け)もありますよ。かなり強い泡盛感が出るので、使うときは慎重に。

Maedashokudo 6

盛り的なインパクトがあり量は確かに多いものの、二郎よりは器が小さめなため成人男性であれば十分食べきれる量ですのでご安心を。かなり満腹にはなりますけどね。

あとがき

沖縄北部といえば、観光地で言うと美ら海水族館や古宇利島なんかがあるところ。
(逆に言えばそういった目的地がないと観光客はわざわざ行かないかも)

そういった場所に行くときのランチにでも、ぜひ行ってみてください!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら