2015年9月11日
iPhone 6s・6s Plus

iphone-6s-2

今回発表となったiPhone 6sおよび6s Plusは、円安の影響で昨年の6、6 Plus発売時よりもそれぞれ約2万円ほど高くなっています。

iPhone 6
(発売時)
iPhone 6s iPhone 6 Plus
(発売時)
iPhone 6s Plus
16GB 67,800円 86,800円 79,800円 98,800円
64GB 79,800円 98,800円 89,800円 110,800円
128GB 89,800円 110,800円 99,800円 122,800円

こうしてみるとえげつない値上がりですね。。。
(上記はApple Online StoreでのSIMフリー版の価格です。iPhone 6s・6s Plusのキャリア版の価格はまだ発表されていません)


今回も私はSIMフリー版のiPhoneを購入予定です。理由は以下の記事に書いた通り。

2万円も高くなったSIMフリー版iPhoneとMVNO(格安SIM)の組み合わせで2年間使ったとしていくらかかるのか、試算してみました!

SIMフリーiPhone 6s 64GB×IIJmio(みおふぉん)の料金試算

今回私が購入する予定なのは、iPhone 6s 64GB ローズゴールド。本体価格は98,800円です。

それと組み合わせるのは、現在利用中のMVNO(格安SIM)の、IIJmio(みおふぉん)
データ通信容量が月々3GBの最も安いミニマムスタートプランで、月額料金は900円+音声通話付帯料700円の1,600円。これに通話料が加算されます。

expensive-iphone-6s-1


私はあまり通話をしないので、通話料は月々500円(25分相当)として計算してみると、

98,800/24(ヶ月)+1,600(月額料金)+500(通話料)=6,217円

というわけで、SIMフリーiPhone 6s 64GBをIIJmioの音声通話つきミニマムスタートプランで2年間利用したとすると、1ヶ月あたり6,217円かかることがわかりました。

これは得なのか?損なのか?

この6,217円という価格は、果たしてキャリア版iPhoneと比べて得なのか、それとも損なのでしょうか。

現時点(2015/9/11 13:00)でドコモ・au・ソフトバンクから料金プランは発表されていませんが、iPhone 6発売時の料金を参考にすると、

機種代金を含めた月額の支払いは、iPhone 6 64GBのデータ通信2GB+通話し放題のプランで7,000円はかかっているようです。
iPhoneの機種代金が高くなることを考えても、これを下回ることはないでしょう。


結論として、通話をあまりしない私の場合は今回もSIMフリーiPhone×IIJmioの方が得、といえそうです。

こちらの記事にも書いた通り、SIMフリーiPhoneの方が売却価格やその後の活用の幅も広いですしね。

あとがき

以上はあくまで私の使い方の場合で、通話の多寡やデータ通信量、利用するキャリアやMVNOによっても異なりますので、参考程度に。

またも発売直前までドコモ・au・ソフトバンク三つ巴のiPhone料金プラン更新合戦が行われると予想されますが、とりあえずは各キャリアの発表を待ってから比べてみましょう!


IIJmio

⇒もっと 「iPhone 6s・6s Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック