スプラトゥーン「プライベートマッチ」の部屋を作る手順。ルール・チーム分け、ステージを自由に設定可!パスワードもかけられる。 #Splatoon

Splatoon private match 4

スプラトゥーン(Splatoon)に大型アップデートにて追加された、「プライベートマッチ」。

その名の通りフレンドのみで対戦ができるモードで、モンハンのオンライン狩り部屋を想像するとわかりやすいかも。

先日実際にやってみたので、プライベートマッチでの部屋の作り方、設定の様子などを紹介します!


ルール、ステージ、チーム分け、パスワード有無を自由に設定できる「プライベートマッチ」

プライベートマッチを選択すると、以下のような画面に。フレンドがプライベートマッチを行っている場合にはここから合流可能です。
自分で部屋を作る場合は、Xボタンで「プライベートマッチをつくる」。

Splatoon private match 1

自由に合流してもOKな場合はパスワードなし、限定されたメンバーだけで遊びたい場合はパスワードをかけておきましょう。

Splatoon private match 2

部屋をつくったら、とりあえずフレンドの合流を待ちましょう。
この画面で、ルール(2015/8/11の現時点では「ナワバリバトル」「ガチエリア」「ガチヤグラ」の3種類)、ステージを選択。ステージを「おまかせ」にしておくと、ランダムで選ばれます。

Splatoon private match 3

メンバーが集まって「メンバー決定」を押すと、チーム分けの画面に。自分でチーム分けをしてもいいですし、「どっちでも」にしておくとランダムで決定されます。

Splatoon private match 4

チームを決定したら、60秒の猶予の間に装備を変えたい人は変えて(+ボタンで変更可)、準備OK!
※スクショ撮り忘れましたすんません

あとがき

プライベートマッチとタッグマッチが解禁されたことで、ただでさえ楽しいスプラトゥーンの遊びの幅が広がって嬉しい限りです。

とりあえず、まずはA+ランク目指して頑張ります!マンメンミ!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら