2015年7月25日
中国地方グルメ

Hassho 7

多くの弟子を輩出し、全国各地に姉妹店があるお好み焼きの名店が本場・広島にあります。
広島の繁華街・流川に近い薬研堀の「八昌」というお店。よくある観光客ばかりが訪れる店ではなく、地元民にもファンが多いらしい。

先日マツダスタジアムに広島カープの応援に行ったのですが、その前の腹ごしらえに行ってきました。

外はサクッと、中はふんわりとした味だけでなく食感も楽しいお好み焼きは、個人的にはこれまで食べた中でも1番と言っていい美味しさでした!

広島市の繁華街・流川にほど近い薬研堀の名店「八昌」

「八昌」は、広島の路面電車・広電の銀山町駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

この渋い店構え。いいね。
平日の開店間もない16時すぎに行ったのでさすがに並ぶ人はいませんでしたが、看板などから察するによく行列ができているのでしょう。

Hassho 1

ですがこの時間にも関わらず店内はほぼ満席。
全国各地の姉妹店(弟子の店?)の名前がずらりと。私の住む福岡・西新にもお店があります。

Hassho 2

手際良く作られるお好み焼き、見るだけでも楽しい

始めてお店に来たら、スタンダードなものを注文するのが個人的セオリー。
ここは当然、そば肉玉で。でもネギ好きなのでそれは追加。

Hassho 3

仕上げはご主人か割と経験のありそうなお弟子さんがやり、後ろの方ではさらに若い感じのお弟子さん(?)が野菜を乗せて蒸し焼きにするなどの前工程をやっているようです。
(細かいところまでは見ていないので、もしかしたら違うかも)

Hassho 4

お冷はジョッキでドンと。暑い季節には嬉しい。
お好みソースはもちろん広島のスタンダード、オタフクソース。

Hassho 6

お師匠さんであるご主人の厳しい目が光る中、手際よくお好み焼きを作るお弟子さん。
熟練の技で作られる様子を見るのも、お好み焼きを食べる楽しみの1つですよね。

Hassho 5

食感が楽しく濃厚でうまいお好み焼きは、個人的ベスト!

待つこと20〜30分ほど、そば肉玉ねぎかけきたー!

Hassho 7

外側の生地や肉はパリっと焼かれていて香ばしく歯ごたえがあり、中のキャベツや麺はふんわりとしています。

Hassho 8

麺や野菜、生地はもちろん、お好み焼きによく使われる出汁はソースとぶつかるので使わないなどのこだわりがあるらしいのですが、食べてみてそのこだわりが味として結実しているなと。本当においしい。個人的お好み焼きランキング1位に入りましたよ。

鉄板の上で温められていた煮込みもうまそうだったので、次回来るときはビール&煮込みでお好み焼きが焼き上がるのをじっくり見るのもいいなあ。

あとがき

ピーク時間を外さないと並びそうですし作るのにも時間がかかるので、それを余裕を持って楽しく待てるくらいのときに行くとよさそうです。

広島に来たら外せない店の1つなのは間違いないでしょう!

⇒もっと 「中国地方グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック