2015年5月13日
九州(福岡除く)

Oppai rock 2

キャンピングカーの旅にて最初に訪れたのが、熊本県の天草というところ。

熊本の西に浮かぶ島で、地名としては島原・天草の乱(天草四郎)を思い出す方も多いかもしれません。

特にあてもなくふらっと訪れてみたのですが、そこで見つけたのが「おっぱい岩」なる謎の奇岩。

突然の不意打ち看板にあわてて車を止め、観察してきました。
触っておけば御利益もあるとか、ないとか。。。

熊本県天草郡苓北町にある奇岩「おっぱい岩」

道を走っていると、緑色のちゃんとした看板で「おっぱい岩」の文字が。これはインパクト大!

Oppai rock 1

何人ものドライバーがここで「えっ?いまの何?えっ?」とスピードを落としたとか(個人の推測です)。
私はここでブロガー力を発揮、マジで止まってしまうわけです。

場所は天草の下島北部、苓北町というところの海沿い道路上。

「1億年の大地の記録」の壮大さと「おっぱい岩」の脱力感、このコントラストが素敵。

Oppai rock 2

詳しい説明もありましたが、なぜこんな歴史のある岩が「おっぱい岩」などというライトな名前をつけられたのかは謎。「乳房岩」とかの方がありそうだけど。

Oppai rock 4

天草観光ガイドさんによると、

海水の力によってできたと思われる変形岩で、女性の乳房にそっくりな形。直径は約1.5m。見事な乳首までが付いている。直に触ると「胸が大きくなる」とか、「母乳がたくさん出る」などのご利益も噂されている。また、干潮時にしか姿を現さないので見学の時には潮汐表の確認が必要。
おっぱい岩(おっぱいいわ) | 熊本県天草観光ガイド「島旅」より)

とのこと。奇しくも訪れた時間はほぼ干潮の時刻。ラッキー!


案内板についてるこれがおっぱい岩なのかと思ったのですが、どうやら違うらしい。

Oppai rock 3

潮の引いた海の方を見てみると、どうやらそれっぽいものが見えるような、見えないような……?
とりあえず行ってみることに。

Oppai rock 5

これが「おっぱい岩」だ!(とりあえず触っといた)

これが「おっぱい岩」だ!

Oppai rock 6

周りの岩とは違い、やや黄色がかった綺麗なロケット型。

Oppai rock 7

(後ろから見たらただの岩ですが)

Oppai rock 8

触ると胸が大きくなる、母乳がたくさん出るといった御利益は男性の私にはあまり関係なさそう。
でも一応触っとこ。

Oppai rock 9

おっぱい岩よ、永遠なれ。

Oppai rock 10

ただし満潮時には見られないのでご注意を。
熊本県の潮見表カレンダーはこちら

あとがき

天草は海が綺麗で温泉もあり、海の幸を中心に食べ物もおいしいところ。隠れキリシタン関連の史跡や焼き物からイルカウォッチングまで、観光もいろいろできます。

そんな天草に旅行をすることがあれば、特に女性はおっぱい岩にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



この記事は、思わず旅立ちたくなるような日本の美しさを伝えていくWebメディア「Japan Beautiful(ジャパンビューティフル)」さんとのコラボでお送りしています。

JBバナー500

⇒もっと 「九州(福岡除く)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック