全データを削除し、Mac OS X Yosemiteを再インストールする手順

Mac clean re install 5

先日新しいMacBookを手に入れたのですが、データ移行の失敗などいろいろあって一旦まっさらな状態にしよう、ということになりました。

なんとなく昔のWindowsイメージで何かディスクがいるのかな、時間がかかるのかなと想像していたのですが、やってみると簡単かつそれほど時間もかからずにできました。

せっかくだからと写真を撮っておいたので、それもまじえつつMac OS X Yosemite(ヨセミテ)でのデータ削除&再インストール(クリーンインストール)手順についてご紹介します!


注意点

まず、最初に注意点を。

・全データを削除して再インストールするため、必要なデータがある場合はバックアップを取っておくこと

・ネットワーク環境が必要

・途中で電源が切れないよう注意

以上に気をつけつつ、作業を進めていきましょう!

全データの削除(Macのクリーンアップ)

まず、Macを再起動or電源を一旦切ってからオンにします。

ジャーンと電源が入った音がしたら、Command+Rを押しっぱなしにしてそのまま待機。
するとOS Xユーティリティの画面が立ち上がりますので、「ディスクユーティリティ」を選択。

Mac clean re install 1

ハードディスク(Macintosh HD)を選択し、消去タブから「消去」をクリックします。
なお、データの中にどうしても復元されたくないものが含まれる場合には、セキュリティオプションで「◯◯回消去」を選択すれば安心。ただし回数が多いほど時間もかかります。

Mac clean re install 2

消去が完了したら、ディスクユーティリティを終了。

Mac clean re install 3

満を持して、Mac OS X Yosemiteの再インストール

Macをきれいにクリーンアップしたところで、Yosemiteの再インストールをば。

Mac clean re install 4

あとは画面にしたがって進めていくだけです。

Mac clean re install 5

私の場合、1〜2時間ほどで完了しました。ネットワーク環境さえあれば他にディスクも何もいらないし、意外とお手軽。

Mac clean re install 6

あとがき

繰り返しになりますがデータを全て削除するわけなので、必要なものはきちんと別のパソコンなりディスクに保存し、自己責任の上で行ってくださいね!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。