2015年5月2日
九州グルメ(福岡除く)

Takamori dengaku no sato 21

レンタルした軽自動車キャンピングカーで訪れた、熊本・阿蘇。

そこから高千穂を経由して宮崎に抜けようということで、県境付近に位置する南阿蘇エリアで1泊することに。
この付近は「高森町」という町で、温泉や自然のほかに食べ物としては田楽が有名とのこと。

たまに居酒屋で豆腐やナスの味噌田楽みたいなメニューはありますが、本格的な囲炉裏で田楽を食べたことは一度もない私。
せっかくだから食べてみたいと調べてたどり着いたのが「高森田楽の里」というお店でした。

風情あふれるかやぶき屋根の古民家で食べる田楽は、素晴らしい接客もあいまって最高のおいしい体験となりました。おすすめです!

かやぶき屋根の古民家で高森伝統の田楽がいただける「高森田楽の里」

こちらが「高森田楽の里」の入り口。なかなか雰囲気ありますねー。

Takamori dengaku no sato 1

場所はいわゆる「南阿蘇」エリア。
阿蘇山から見ると南東にあります。宮崎との県境近く。

両脇に木の生い茂る階段を上っていくと……

Takamori dengaku no sato 2

茅葺(かやぶき)屋根の古民家が!

Takamori dengaku no sato 3

風情がありすぎる建物の中へ。

Takamori dengaku no sato 4

内装もまたグッと来る雰囲気。

Takamori dengaku no sato 5

茅葺の天井、年を重ねた木材の色と香り、レトロな家具や置物の数々、そして囲炉裏。
なんと築200年以上経っているのだとか。

Takamori dengaku no sato 6

Takamori dengaku no sato 7

いやー、たまりませんな。

Takamori dengaku no sato 8

動画でもどうぞ。

席に着くと、間もなく炭を持って来てくれました。
この日は4月ながらかなり冷え込んでいたのですが、この炭火でかなり暖かい。

Takamori dengaku no sato 10

田楽を扱う軍手と膝掛け。

Takamori dengaku no sato 11

お茶を入れるヤカンも年季入ってます。

Takamori dengaku no sato 12

囲炉裏で焼く田楽と、素朴で深い味わいの料理。すばらしい

メニューは撮り忘れたのですが、せっかく田楽の里に来たのだから満喫せねば、ということで田楽定食(1,890円)を注文。

建物と同様にタイムスリップしたような服装に身を包んだお店の方が、囲炉裏を囲むように田楽を刺してくれます。
左からヤマメ、沢ガニ、 高森特産つるの子いも、豆腐。

Takamori dengaku no sato 13

奥から山椒味噌、大葉味噌、ゆず味噌。
それぞれ沢ガニ、いも、豆腐に合うとのことですが、もちろんお好みで塗ってもOK。
ただし、片面を焼き上げるまでは待ちましょう。
(頼めばお店の方がやってくれます)

Takamori dengaku no sato 14

焼いているうちに、前菜が出てきました。
ふきのとうの天ぷら、マスの三杯酢じめ、セリのおひたし、かぼちゃ、切干大根、むかごの煮しめ。
素朴な味わいですが、決して薄いということはなくいいお味。

Takamori dengaku no sato 15

さらに揚げたてのおあげ。

Takamori dengaku no sato 16

そうこうしているうちに炭火追加、火力アップ!

Takamori dengaku no sato 17

作りたてのこんにゃく串。
かけられている鶏味噌は、田楽はもちろんご飯とも合う味で一瓶ほしいくらい。

Takamori dengaku no sato 18

焼きおにぎり用のおにぎりが出てきました。これは後で網で焼いていきます。

Takamori dengaku no sato 19

田楽の片面が焼き上がってきたら、くるっと返して味噌をつけていきましょう。熱いので左手に軍手装着!

Takamori dengaku no sato 20

……と思ったのですがやり方がよくわからないので、最初は店の方にやっていただきました。
こんがり焼けた田楽に、たっぷりの味噌。

Takamori dengaku no sato 21

最初に、阿蘇特産の「つるの子いも」。火山灰のやせた土地でしかできないらしい。
外はパリっと焦げていて中はホクホク、大葉味噌がよく合います。

Takamori dengaku no sato 22

丸ごとパリパリと食べられる沢ガニ。たっぷりの山椒味噌で。

Takamori dengaku no sato 23

おいすぃー

Takamori dengaku no sato 24

味に変化がほしくなったら柚子胡椒もありますよ。

Takamori dengaku no sato 25

焼きおにぎりは、お好みの味噌を塗って自分で焼いていきます。
作る楽しみも料理の一部。

Takamori dengaku no sato 26

鶏ガラのダシをベースにしたしょうゆ味の具だくさんだご汁。
地鶏のガラと野菜からとった、やさしく深いダシがめちゃくちゃうまかった!これ作ってみたいなぁ。
おかわり自由とのことだったので2杯いただきました。

Takamori dengaku no sato 27

なかなか火が通らなかったヤマメと豆腐も、そろそろ食べ頃に。

Takamori dengaku no sato 29

Takamori dengaku no sato 28

柚子味噌が香る豆腐田楽。
阿蘇の湧水を使った豆腐を、味噌をつけて炭火で焼いて食べる。贅沢だねえ。

Takamori dengaku no sato 30

最後はやっぱりヤマメ、塩を少し落としてから丸ごとガブッといきます。

Takamori dengaku no sato 31

言うに及ばず、こたえられないうまさでしたよ。ええ。

ここまで全部で1,890円とかお得すぎるでしょ。

あとがき

雰囲気も料理の味も接客も素晴らしいお店で、大満足の夕食となりました。写真ではわからない部分ですが、おかみさんの気遣いがまたいい感じなんですよねえ。

阿蘇というと阿蘇山の北西部あたりにお店や宿や展望所などが集中していますが、南阿蘇(高森)にもこんなに良い店があったとは……。

温泉ももちろんあるし高千穂も近いし、エリア的にもおすすめです。ぜひ一度足を運んでみては。


この記事は、思わず旅立ちたくなるような日本の美しさを伝えていくWebメディア「Japan Beautiful(ジャパンビューティフル)」さんとのコラボでお送りしています。

JBバナー500

⇒もっと 「九州グルメ(福岡除く)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック