シンガポール・バクテーの名店「松發肉骨茶」ホロッと崩れる豚肉と胡椒の利いたスープがうまい!

Song fa bak kut teh 10

東南アジアの小さな大都市・シンガポールには、おもに中華系の流れをくんだ名物料理がたくさんあります。

骨付きに豚バラ肉を漢方のスパイスが利いたスープで煮込んだ「バクテー(肉骨茶)」もその1つ。(※マレーシアの名物でもあります)

シンガポールにあるバクテーの店の中でも最も有名なのが「松發肉骨茶(ソンファ・バクテー、SONG FA BAK KUT TEH)」。

観光客にも地元民にも人気のこの店に、到着した当日の昼にさっそく行ってきました!


行列のできるバクテーの名店「松發(ソンファ)肉骨茶」

シンガポールのバクテーの名店「松發肉骨茶」の場所は、以下の地図を参考に。
公共交通機関ならクラーク・キーやチャイナタウンといった駅から近いですが、タクシーが一番手っ取り早いかと。

こちらのおしゃれなカフェっぽいお店が目的のお店です。観光客らしき人達もたくさん。

Song fa bak kut teh 1

ちょうど平日のお昼時、行列ができていました。

Song fa bak kut teh 2

並んでいる間にメニューを渡されます。日本語的には「肉骨茶」ってなんだかすごい字面だ。

Song fa bak kut teh 3

基本の肉骨茶っぽい「排骨肉骨茶」の小($7)を注文。中国語、英語のほかに日本語の表記もあるので安心。観光客多いんでしょうね。
1品くらいは何か別のものを頼もうと「豚の小腸の煮込み」なるものも一緒に。

Song fa bak kut teh 4

回転が早く、10数分ほどで中に通されました。

Song fa bak kut teh 5

お客さんでいっぱいの店内。昔の屋台かなにかをイメージした雰囲気を出していますが、至ってシャレオツで綺麗です。

Song fa bak kut teh 6

最初に出されたお手拭きとレンゲ、唐辛子。

Song fa bak kut teh 7

手洗い場みたいなのがちょうどテーブルの横についてましたが、「手を洗うな」とのこと。なんだこのトラップは。英語の読めない日本人が何人か犠牲になってそう。

Song fa bak kut teh 8

大きなホロホロの豚バラ肉とさっぱりコク深いスープのバクテー、うまし

やってきました!バクテー(肉骨茶)にごはん、豚の小腸の煮物。

Song fa bak kut teh 9

骨付きの大ぶりな豚肉がインパクト大。いただきます。

Song fa bak kut teh 10

しっかり煮込まれているのか、骨からするっとはがれて簡単に食べられます。

Song fa bak kut teh 11

スープには胡椒が利いていて、さらにニンニクや他のスパイスと豚のダシが溶け込んださっぱり味。これはおいしい。
ごはんと一緒に肉、スープ、肉、スープ。しみるわあ。

Song fa bak kut teh 12

小腸の煮物は、中華醤油と香草が香るアジアンな風味。これは酒と一緒にいきたい感じ。

Song fa bak kut teh 13

ガッツリ系に見えるバクテーですが、脂身が少なくスープもあっさりとしているのでバクバクいけました。これは人気なのもうなずける。

Song fa bak kut teh 14

あとがき

シンガポールの国民食の1つ、バクテー。日本人の口にも間違いなく合うおいしさでした。
暑いシンガポールでバテたとしても、すんなり食べられる一品です!

365日【最低価格保証】シンガポールの人気&おすすめホテル☆

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら