2015年4月21日
アウトドア

Use rent a car with smartphone and holder 1

旅行先を巡りたいけど電車やバスがあまり発達しておらず不便なとき、よく使うのは何と言ってもレンタカーでしょう。

運転があまり長時間だと大変&運転手は酒が飲めないというデメリットはあるものの、好きなときに好きなように移動できて荷物も乗せっぱなしでOK、とても便利です。


旅先ではほとんどの場合土地勘もないし、ナビ付きを選んでそれを頼りに移動する方は多いはず。

ですが例えカーナビ付きを選んだとしても、iPhoneやAndroidといったスマートフォンと、それを車に取り付ける車載ホルダーは持っていくべきですよね、という話を今回はしようかなと思います。

「ナビ付き」でも古すぎて使い物にならなかったり、狂ってしまうことも

ネット予約であっても店頭であっても、ご存知のとおり「カーナビ付き」を指定してレンタカーを借りることができます。

ですが、「最新型」などと指定して借りるのは当然無理ですよね。車に備え付けの場合がほとんどですし。


そこで困るのが、レンタカーに備え付けのナビが使い物にならない場合

私が今まで遭遇したのは、ナビが古すぎて建物や道路が大幅に変わっており、どうしようもなかったのが2回。ナビのカーソルが突然あさっての方向にすっ飛んでしまい為す術なくなったのが1回。

ここで代替手段を持っていないと助手席からガイド本でナビをするしかなくなり、かなり難易度が上がってしまいます。

一人旅だと、地図を頭に入れた上で記憶を頼りに頑張るか、道路にある案内板に頼るか・・・いずれにしても厳しい。回りたい場所がたくさんあったとしても、効率は大幅に落ちるでしょう。

そこでスマートフォンと車載ホルダーの登場ですよ

そんなときに役立つのが、手持ちのスマートフォン(iPhone・AndroidどちらでもOK)と車載ホルダー

前回困ったときは、以下の記事で紹介したサンワダイレクトのものとiPhone 6、Nexus 5の組み合わせで使いました。

実際に車のダッシュボードに取り付けて利用している様子をどうぞ。

Use rent a car with smartphone and holder 1

アップで。

Use rent a car with smartphone and holder 3

もちろんナビ代わりはGoogle Mapsアプリ
使ってみるとわかりますが、今やGoogle Mapsアプリはその辺のカーナビに優るとも劣らない性能を持っていますし、音声でのナビももちろん可能。

Google Maps
ナビゲーション, 旅行
無料


App

徒歩で目的地に向かうときにももちろん使えるので、どちらもスマートフォン1台でシームレスに済むのも嬉しい。

充電はモバイルバッテリーorシガーソケットから

充電に関しては、以下の記事で紹介した充電もできるFMトランスミッターが役に立ちました。

これをシガーソケットに挿してケーブルをつなげば、充電しながらナビすることができるので電池切れの心配はありません。スマートフォン内の音楽を聴けるオーディオ替わりにもなるので一石二鳥。

Use rent a car with smartphone and holder 4

もしこういったアイテムを持っていない場合は、モバイルバッテリーを使うとよいでしょう。

Use rent a car with smartphone and holder 2

例えば以下の記事で紹介しているものであれば1日以上は十分持ちますが、夜の宿などで充電するのはお忘れなく。

あとがき

レンタカーを借りるときには、この記事で紹介したアイテムを念のため持参すればリスクヘッジとしてとても心強いですよ。次のGW旅行で思わぬ活躍をするかも?

⇒もっと 「アウトドア」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック