2015年3月10日
アップルイベント速報&考察

MacBook_PSL_AllColors_PR-PRINT

先ほど(日本時間2015/3/10)発表された、AirともProとも違う新しいMacBook

Airより薄く軽いのはもちろん上記記事にも書いたように様々な新機構が搭載されているのですが、中でも疑問に思う人が多かったであろうポイントが、USB-Cポート

MagSafeもUSB・ThunderboltポートもなくなってUSB-Cポート1つになるらしいのですが、1ポートだけでどうするのか全然わからない。なので調べてみました!

USB Type-Cとは

調べてみたところCNET Japanさんの記事を発見したので、それをもとにざっくりまとめていきます。

USBのType-Aは、私たちが普段「USB」といって想像するもの。Type-Bは通常USBケーブルの逆側の端で、例えばminiUSB、microUSBなどといったものが当てはまります。

それに対しType-Cはまだできたばかりの規格で、サイズは小さいながら上下の向きを気にせず、かつ最大伝送速度10Gbps、最大出力20V(100W)、5Aと非常に強力になっているらしい。要するに、充電もできれば従来のUSBと同様に(そしてより高速に)データの移動もできるということ。

どうやって使えばいい?

とはいえ、新MacBookのUSB-Cポートはたった1つ。これでどうやって充電やUSB/Thunderbolt接続をこなすんでしょうか。

Appleストアに、その解決策となるであろうアダプタがありました。

見てわかる通り、片側はUSB-Cポート、もう片方はUSB-C、HDMI、USBポートの3つがついてます。つまり1つのUSB-Cポートを3つに枝分かれさせているっぽい。

このアダプタを使えば、USB-Cポートから充電しつつ、HDMIポートで外部ディスプレイにつないだり、USBポートに外部機器を接続したりできるというわけですね。

新MacBookは、それだけではUSB接続できません(たぶん)

新しいMacBookにはUSB-Cケーブル1本が付属していますが、おそらく充電に使うものでしょう。

つまり、これだけでは従来のUSB機器は接続できないということ。ほとんどの方はUSBを何かしら使うでしょうから、その場合は別途アダプタを買えと、そういうことのようですね。

新MacBook購入予定の方は、別途アダプタ代約1万程度を覚悟しておいた方が良さそうです。。。

あとがき

薄く軽くなった代償でしかたないとはいえ、1つのポート+アダプタでやりくりするのはなかなか大変そう。USB(Type-Aの方)ポートも1つでは足りませんから、前述のアダプタにさらにUSBハブをつなぐ感じになるでしょうか。

でも、それでも待っていた新MacBook。現役Airがスペック不足で遅いし、軽く薄いのにRetinaディスプレイになったMacを体感したいし、私は買いますとも!

⇒もっと 「アップルイベント速報&考察」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック