2015年3月1日
ニューヨーク

New york fifth avenue apple store 2

ニューヨークにあり、グランドセントラルのアップルストアと並んで特徴的なのが5番街のアップルストア

オープンしたのは2006年なのですが、スティーブ・ジョブズ氏の一声で入り口をより継ぎ目のないガラスパネルに改修して2011年にリニューアルオープンしたとのこと。その費用、なんと670万ドル(約8億円)。
(参考:アップルストア、ニューヨーク5番街店に新ガラスキューブ登場 : ニューヨークの遊び方

Appleユーザーであれば一度は訪れておきたいこの5番街アップルストアにタイムズスクエアでのカウントダウンのついでに行ってきたので、写真でレポートしていきます!

ガラスキューブの入り口が印象的なニューヨーク・5番街のアップルストア

5番街沿い、セントラルパークのすぐ南にあるアップルストア。

遠くからでも目立つガラスキューブが見えてきましたね。

New york fifth avenue apple store 1

1面が3枚の巨大なガラス板でできており、それが5面あるので3×5=15枚ですね。元は90枚だったところ、ジョブズ氏はそれが気に入らなかったらしくより継ぎ目の少ない形にしたとのこと。確かに美しい。

New york fifth avenue apple store 2

写っている人とのスケールの違いを見れば、これがどれだけ巨大なものかわかるかと思います。

New york fifth avenue apple store 3

螺旋階段orエレベーターで下って中へ。

New york fifth avenue apple store 4

New york fifth avenue apple store 5

なんと24時間営業!店内は夜中でも大盛況

内部は、普通の広いアップルストアです。この日は1/3の23:00頃だったのですが、この混みよう。なんと24時間営業なんですよ!

New york fifth avenue apple store 6

観光シーズンなのもあるでしょうが、ひっきりなしにお客さんが入ってきます。

New york fifth avenue apple store 7

ガラスの螺旋階段を見上げる。

New york fifth avenue apple store 8

あちこちでアップル製品を触るお客さんと、赤い服のスタッフさんたち。
関係ないですが、日本のアップルストアだと青服ですよね。国によって違うんかな?

New york fifth avenue apple store 9

ジーニアスバーももちろんありますよ。黒人も白人も黄色人種もいるのが、日本にはない新鮮さ。

New york fifth avenue apple store 10

あとがき

世界のアップルストアを回るだけでも1つの本になってしまいそうなくらい、いろんな店があって楽しいです。

5番街アップルストアはセントラルパークやMoMAといった観光スポットからも近いですし、アップルユーザーならずとも立ち寄ってみると面白い場所ですよ!

⇒もっと 「ニューヨーク」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック