2015年2月14日
アメリカグルメ

Peter rugar steakhouse 12

肉をね、食べてきたんですよ。肉を。
それも、世界一と言われるほどの。


今回紹介する、アメリカ・ニューヨークはブルックリン地区にある「ピーター・ルーガー」は、全米一に何度も輝いた最高峰の老舗ステーキハウス。

日本の高級牛肉はサシが入って柔らかく溶けるようになくなるものが多いですが、こちらで提供されるのは熟成肉。しっかりとした噛みごたえがあり、噛めば噛むほど旨味が出る。「ザ・肉!」な感じです。

東京でも「ウルフギャング」や「BLTステーキ」など熟成肉を出すお店は増えてきていますが、このピーター・ルーガーはこのブルックリンの本店と、さらに東の外れにあるもう1店舗のみ。
予約が取れないと噂の人気店なので特に混む年末年始はどうかと思ったのですが、ダメ元で突撃してみました!

全米一、世界でもトップクラスのステーキハウス「ピーター・ルーガー」

ピーター・ルーガー ステーキハウスは、駅で言うとM LineのMarcy Av駅から徒歩5分、もしくはL LineのBedford Av駅からだと徒歩12分ほど。有名観光地のほとんどがあるニューヨークの中心地・マンハッタンの東隣にあるブルックリン地区にあります。
(NY地下鉄の乗り方についてはこちらの記事を参照

Peter rugar steakhouse 1

訪れたのは、タイムズスクエアでの年越しなどで訪れた観光客がまだまだ多く残っている1/3の16:00頃。
待ちの客が座るバーカウンターは一杯で、入り口付近も混雑していました。

Peter rugar steakhouse 2

微妙な時間とはいえさすがに厳しいかな…とは思ったのですが、なんと1時間待ちで入れるとのこと!そりゃ待ちますとも。
矢印で示した雰囲気の良いおじさまに声をかけると、名前を聞かれてどのくらい待つかを教えてくれました。入れるようになったら呼ぶとのこと。

Peter rugar steakhouse 3

壁には、ミシュランと並ぶ有名レストランガイド「ザガット(ZAGAT)」から受けた賞の数々がズラリと。

Peter rugar steakhouse 4

年季の入った内装や気さくなウェイターさん含めて雰囲気よし

30分ほど待ったところで運良く入ることができました!さすが老舗だけあって、味のあるいい雰囲気。

Peter rugar steakhouse 5

15:45まで提供されている曜日替わりのランチはもう終わった時間だったので、普通にステーキいっときますか。

Peter rugar steakhouse 6

RIB STEAK(リブステーキ)以外は単純にステーキの枚数。小さめがあったらそれにしようかと思っていたのですが無かったので、SINGLE STEAK($49.95=約6,000円)を注文。

Peter rugar steakhouse 7

ウェイターさんはとても気さくなおじさん(おじいさん)が多く、私に”Are you Japanese?”と質問してきたのでそうだと答えると「カシコ、マリマシタ。」とか片言の日本語で答えてくれ、不覚にも萌えてしまいました。腐女子なら卒倒するんじゃなかろうか。
きっと写真にも気軽に応じてくれたと思うので、撮らせてもらえばよかったなー。

Peter rugar steakhouse 8

せっかくなので食前ビールも。ブルックリン・ラガーいただきます!

Peter rugar steakhouse 9

卓上にはピーター・ルーガーオリジナルのステーキソース。ケチャップと何かを混ぜたような赤黒い色。

Peter rugar steakhouse 10

パンも運ばれてきました。

Peter rugar steakhouse 11

熟成肉を喰らう!これが…肉なのか……!

なんだか微妙にピント合ってないんですが、伝わりますかね。この外はこんがり、中はきれいな赤のお肉。(ちなみにミディアムレアで注文してます)
最初の2切れはウェイターさんが取り分けてくれました。

Peter rugar steakhouse 12

目の前には肉の塊。見とれてて撮り忘れましたがジュージューいいながら運ばれてくる様は圧巻でした。そしてデカイ。

Peter rugar steakhouse 13

何に使うのかわかりませんが、牛の形のかわいい串が刺さってます。

Peter rugar steakhouse 14

裏返した小皿を下に置き、肉汁が片側に集まるようにしてありました。
最初に取り分けてくれたときにこの肉汁を肉にかけていたので、これはこれで味わってくださいということなのかも。

Peter rugar steakhouse 15

コーンスープのような味のする、不思議なほうれん草のペースト。お好みで肉とご一緒に。

Peter rugar steakhouse 16

外がパリっとしていて、中はレアめに柔らかく。
(もちろん、しっかりウェルダンに焼いてもらうこともできるはず)
すっと口の中で溶ける日本の高級肉とは違い、噛めば噛むほどに旨味が口の中に溢れてきます。うまい!

「肉食ってるなぁ〜!」と実感しますよ。この想い、届きますでしょうか…?

Peter rugar steakhouse 17

ひたすら肉を喰らう。そらピンボケもするわ、と。

Peter rugar steakhouse 18

最後にデザートのメニューも出されましたが、お腹いっぱいなのとお金が足りるか不安だったのでやめておきました。
というのも、このピーター・ルーガーはニコニコ現金会計なのです。カード社会のアメリカにおいては特にかなり珍しい。
行くときには必ず十分な現金を持って行きましょう。

Peter rugar steakhouse 19

18-22%のチップも含めて$90(約10,800円)でした。手持ち現金ギリギリだった。。。
最後にコイン型のチョコをくれました。

Peter rugar steakhouse 20

店を出ようとしたらさらにコインチョコを渡される。
「もうもらいましたよ」「いいから、いいから」ではありがたくいただきます。

Peter rugar steakhouse 21

あとがき

日本ではまだまだ少ない、熟成肉を提供するお店。

美味しいところは日本にもたくさんありますが、このピーター・ルーガーで食べた肉はまたそれとはベクトルの違う、旨味あふれるステーキでした。さすが「世界一のステーキ」と呼ばれるだけはある。
雰囲気やウェイターさんの質も高かったです。

現金を多めに持って、予約をするかピーク時を避けてぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
きっと今までにない肉体験ができますよ。

その他ニューヨーク関連記事も随時更新中なので、あわせてどうぞ!

⇒もっと 「アメリカグルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック