2015年1月23日
ニューヨーク

Newyork uber 2

あらかじめユーザー登録をしておけば、後はアプリだけで簡単に高級タクシーを呼べる便利サービス「Uber(ウーバー)」。

先日タイムズスクエアで年越しをするためにニューヨークに行ったときにも、活躍してくれました。

慣れない海外で流しのタクシーを止めるのは、非常にハードルが高いもの。
うまく止められたとしても、今度は英語で行き先を伝えて、チップも含めて支払いをして…などなどさらなるハードルが待ち受けています。

Uberならそういった苦労はすっ飛ばすことができます。アプリで行き先設定をして呼ぶ、それだけ。支払いも後でクレジットカードで引き落とされるので何も気にする必要ありません。

ニューヨークやサンフランシスコなどアメリカの都市はもちろん、東京でもサービスを始めているので、これまで使ったことのない方にはかなりおすすめですよ!

アプリで呼べる、簡単便利なタクシー「Uber(ウーバー)」

Uberでは、スタンダードなものから大人数乗り、豪華なハイヤーなどいくつかの種類のタクシーを呼ぶことができます。

以下はサンフランシスコで呼んだSUV。

Uber 7

こちらはBLACK CAR。ベンツでした。

Uber 8



ニューヨークで呼んだときには車を撮るのを忘れてしまったのですが、iPhoneの画面は撮ったので紹介していきます。

アプリを起動すると、以下のように今どこにUberのタクシーが走っているかが表示されます。NYではuberX、ハイヤーが呼べるらしい。RUSHは後で調べたら自転車による荷物便とのこと。(間違えて呼ばなくてよかった)
「乗車場所を設定する」の横に書いてある時間は、今ここで呼ぶと到着まで何分かかるかの目安です。

Newyork uber 2

Uberを呼ぶ際には、あらかじめ行き先を設定します。
このときはホテルから空港に向かう予定だったので、そのように指定。
アプリで車が向かってくる様子がリアルタイムにわかり、車種もわかるので車を間違える心配は少ない。

Newyork uber 1

あとは到着するUberの車に乗って、運んでくれるのを待つだけです。行き先の確認くらいはされたりしますが、既に指定してあるので難しいやりとりも必要ありません。

Uberはどこが便利なのか

Uberはどこが便利なのか、なぜ使うのかここで簡単にまとめておきましょう。

・アプリで簡単に、今いる場所に呼べる

・ドライバーの質が高く安心
 →基本的なクオリティが担保されているようで、いつ呼んでもみんな丁寧。ぼったくり等の心配もなし。

・いい車が呼べるので、接待やデートでも使いやすい
 →uberTAXI以外は黒塗りで高級感のある車なので、どんな場面でも恥ずかしくありません。

・支払いの面倒がない
 →降車時に財布を取り出す手間がなく楽。海外でチップを考える必要もなし。

料金は条件にもよりますが通常のタクシーとせいぜい2〜3割くらいの違いですし、それなら全然利用する価値はあるかなという感じ。

日本だと普通のタクシーは22時以降深夜料金が必要ですが、Uberにはそれがないのも魅力ですね。
22時以降に使うならほぼ料金が変わらないくらいだと思われるので、それなら絶対Uber使いたい。

あとがき

ある程度都会でなければ成立しないサービスだとは思いますが、早く日本の東京以外でも普及してほしいところですねー。福岡来ないかな。

こちらのリンクから登録すれば2,000円分の無料乗車ができるので、試しに体験してみたい方は申し込んでみてください!

⇒もっと 「ニューヨーク」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック