2014年12月5日
Webサービス

Google inbox title

Googleの新しいメール&リマインダアプリ、「Inbox by Gmail」を使い始めて1週間ほどが過ぎました。

慣れていないのもありまだGmail利用時と比べて特筆するほど効率アップした実感はありませんが、UIや動きなどはいい感じで、どうしたらより便利に使えるかと試行錯誤中です。

Gmailのときもそうでしたが、Inboxを使う上でも覚えておくと便利なのがショートカット

Inboxではショートカット一発で一覧が確認できますし、最低限覚えておきたいものは4、5つ程度なので把握しておくとメールチェックがグッと捗りますよ。

Inbox(by Gmail)でショートカット一覧を表示させる方法

Inboxのページを開いている状態で、ショートカット一覧を簡単に表示させるショートカット(まぎらわしい)があります。

クエスチョンマークを入力する「Shift+バックスラッシュ」を押せばOK。
以下のような一覧が出てきます。慣れないうちはこの画面でちょくちょく確認すればよいので便利ですね。ハテナを入力すればよいというのもわかりやすい。

Inbox gmail shortcut 1

最低限覚えておくと便利なショートカット5つ

もちろん全て覚えておくに越したことはありませんが、以下5つくらい知っておけばメールチェックの手間はグッと省けると思います。

・「o」:Open(メールを開く)
・「u」:Close(メールを閉じて一覧画面に戻る)
・「j」:Next item(次のメール)
・「k」:Previous item(前のメール)
・「e」or「y」:Mark done(既読としてアーカイブへ送る)

あとがき

個人的にはいちいち「アーカイブへ送る」のが面倒なので、一度読んで特にピンやスヌーズ等の印を付けていないものは自動でアーカイブしてほしいんですけどね。そういう設定できないかな…。

もしInboxをマウスやタッチパッドで操作していたという方は、これらのショートカットを覚えておくと捗りますよ!

⇒もっと 「Webサービス」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック