複数PC利用時に便利!Dropboxで特定のフォルダのみを選択して同期させる設定方法

Dropbox specific folder syncronize title
Dropbox app / IN 30 MINUTES Guides

クラウドストレージサービスの代表格といえば、Dropbox

同期は早いし対応サービスも多く、最近では月額1,200円で1TBもの容量を使えるプランが登場するなど、料金の面でも後発のGoogleやAmazonに引けをとらない価格となっています。

ですが、例えば自宅のデスクトップパソコンでDropboxに大容量のフォルダを放り込んで使っている場合、ノートパソコンではそれほどの容量がないことも多く、一部外出先で使うフォルダだけを同期したい、なんてこともあるのでは。

今回は、そういった際に便利な「選択型同期」の方法を紹介します。


Dropboxで選択したフォルダのみを同期対象とする方法

まず、Dropboxの設定を開きます。

Dropbox specific folder syncronize 1

「アカウント」タブの選択型同期で「設定を変更」をクリック。

Dropbox specific folder syncronize 2

すると、Dropboxフォルダ内にあるフォルダがまとめて表示されます。
あとは、同期をしたくないもののチェックを外してやればOK。3階層目まで同期対象とするかしないかの選択ができます。

Dropbox specific folder syncronize 3

チェックを外すとそのPCからはフォルダが消えてしまいますが、Dropboxや他の利用PCにはちゃんと残っているので安心です。

あとがき

個人的には、Dropboxフォルダ内のみならずパソコン内の選択したフォルダをDropboxで同期できると嬉しいんですが、そういう機能できないかなあ。

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。