2014年10月23日
Macの使い方

Liteicon 2

つい先日リリースされた、Mac OS Xの最新バージョン「Yosemite(ヨセミテ)」

OS X Yosemite
ユーティリティ
無料


App

便利な機能が多数追加されたり、逆に重くなったり、使えないアプリがあったりと賛否両論起きているようですが、私が使ってみて最初に思ったのは、

「フォルダアイコン、目がチカチカする!」

でした。

Liteicon 1
※上だと画質が落ちてさほど感じないかもしれませんが、実際はもっと明るくて眼に刺激的です


一つ一つのアイコンを変更するのであれば以前紹介した方法が使えるのですが、

デフォルトのフォルダアイコンを一括で変更する方法はないものか…と探してみたところこちらの記事にて見つけましたので、ご紹介します!

Yosemiteでもフォルダアイコンを自由に変更できる「LiteIcon」

まずは、以下のサイトから「LiteIcon」アプリをダウンロードしましょう。なお、Mac App Storeにはアップされていないようです。

LiteIcon

起動すると、以下のような画面に。
ここで「Generic」のフォルダアイコンを変更すれば、デフォルトのフォルダ全てに反映されます。

Liteicon 2

操作もドラッグ&ドロップで簡単!

やり方は簡単。好みのフォルダアイコンを適当に探してきて、Genericのところにドラッグ&ドロップするだけ。

Liteicon 3

私はこちらのサイトからアイコンを拝借させていただきました。例えば「フォルダアイコン フリー」とか何とかで適当に検索すれば、いくらでも出てくるはず。


この状態で「Apply Changes」をクリックすると、以下のようなダイアログが出てきます。
「Clear Cache & Log Out」を押すと一旦ログアウトし、再ログインするとフォルダアイコンが反映されているはず。

Liteicon 4

ちょっとのっぺりしすぎたかな感もあるけど、落ち着いた色になって目に優しくなりました!

Liteicon 5

もちろん、同じ要領で他のアイコンも好きなように変更可能ですよ。

あとがき

Yosemiteのフォルダアイコンは眼に刺激が強いなあ…とお考えの方は、こちらの方法でカスタマイズしてみてください!

⇒もっと 「Macの使い方」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック