2014年10月18日
iPad情報

Apple event matome 201410 8
Photo by Live from Apple’s iPad event – The Verge

日本時間の昨日(2014/10/17)、Appleの新製品発表会にてiPad Air 2とiPad mini 3のリリースが明らかとなりました。

私は今のところiPad Airを利用しており、2になって変わるのが「薄さ・軽さ」「スペック」「Touch ID」「カメラ」と現時点で特に不満に思っていない部分なので今のところ購入予定なし。


現在のiPadのラインナップを見てみて思ったのですが、私が考えるに最もコストパフォーマンスが高いのは一つ前の世代の「iPad mini 2(旧称:iPad mini Retinaディスプレイモデル)」な気がするんですよね。

最新の機能・性能で使いたいガジェット好きはともかくとして、これからタブレット(iPad)を始めて買う人、よくわからないけど十分使えて安いものを選びたいという方には個人的にオススメです。コストと実用性のバランスで、私が今選ぶとしても間違いなくmini 2ですね。

なぜそう思うのか、その理由についてまとめてみました!

iPad mini 2と初代、3を比較

IMG 0710

まず、iPad mini 2と初代、3を比較してみましょう。

▼サイズ・重さ

2と3は全く同じ、初代はそれより0.3mm薄く23g軽いが、ほぼ同じ

▼チップ性能

2と3はA7チップ&M7モーションプロセッサなのに対し、初代はA5チップと2世代違う

▼ディスプレイ

2と3はRetinaディスプレイ(2,048×1,536)。初代は1,024×768とピクセル数にして4倍の違いあり

▼価格(16GBモデルで比較)

初代:26,800円
2:31,800円
3:42,800円


iPad mini 2と3はサイズや重さ、スペックは全く同じで、違うのはTouch ID搭載有無のみ。
(3にはゴールドモデルと128GBモデルがあるという違いもありますが、今回の比較にはあまり関係ないのでスルー)

Touch IDは確かに便利ですが、それで価格差11,000円(35%アップ)はちょっと高いかなあと感じます。無くても実用になんら問題なし。

2と初代に関しては、性能と何よりディスプレイという普段使う上で大きな違いがあるにも関わらず価格差は5,000円。これなら2を選んだ方がよいかと思います。

iPad Airシリーズと比較

Ipad air review 4

初代iPad AirとiPad mini 2は、搭載チップや解像度、カメラなどといった性能は全く同じ。
違うのは大きさ(と重さ)だけです。

画面サイズは、Airは9.7インチでmini 2は7.9インチ。好みによると言ってしまえばそれまでですが、少なくとも7.9インチあればアプリや写真はもちろん、動画やマンガ・文庫本の読書にはまったく困りません。


iPad 3とiPad mini初代の比較ではありますが、以下の記事でもその画面サイズの違いに関してレビューしていますので参照ください。

この画面サイズの違いでどれだけの価格差があるかというと、
・mini 2:31,800円(16GB)
・Air初代:42,800円(16GB)

というわけで11,000円ですね。

画面は大きいほうがいいという人はいるでしょうが、miniでは見づらくて使えないなんてことは(高齢の方などで目がだいぶ悪いとかでもない限り)まずないと思います。そうであるならば、私ならmini 2をすすめます。


なお、新型のiPad Air 2は確かに薄くなり性能もアップしていますが、いかんせんmini 2の1.7倍(16GBで53,800円)とかなり高い。mini 2でも十分実用に耐えうるスペックなので、Air 2は「そういうのが好きな人」が手に入れればよいのではという感じです。



表を作ったほうがわかりやすいかとも思いましたが、Apple公式サイトに現行全機種の詳しい比較チャートが載っているので、詳しくはそちらをご覧ください。

あとがき

以上の理由から、「始めてのiPadとしてすすめるなら」「私が今から実用性重視で買うなら」私ならiPad mini 2を選ぶよ、という話でした。

これから購入を検討されている方の参考になれば幸いです!

外出先でもWi-Fiルーターなしに利用したい場合には、SIMフリーのセルラーモデルを買ってMVNOのSIMを利用するのもいいですね。

MVNO(格安SIM業者)に関しては多く記事を書いていますので、そちらも参考にどうぞ。

⇒もっと 「iPad情報」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック