2014年10月14日
MVNO(格安SIM)

Rakuten denwa 3minutes free campaign title

以前も紹介した、アプリを通して通話するだけで通話料が半額になる「楽天でんわ」。

前回は「5/25の1日だけ、どれだけ話しても通話無料」というキャンペーンでしたが、今回は新規登録する利用者に向けてなんと「3分以内の通話なら、どれだけ話しても無料」のプランが登場しました。(先着5万名限定)

3大キャリア(docomo・au・SoftBank)の旧プラン利用者はもちろん、私のようにMVNO(格安SIM)に転出した人は特にキャリア同士の無料通話などもないので、このプランを使うことで通話料が相当節約できますね。

提供期間はとりあえず2015/1/10までとなっていますが、その後「3分0円プラン」を継続するかどうかはユーザーのニーズに合わせて検討するとのこと。
基本使用料も無料なのでまだ楽天でんわに登録していないという方は今のうちに使っておくと良さそうです!

楽天でんわの「3円0円プラン」とは?

楽天でんわ: 楽天でんわ3分0円プラン登場!

楽天でんわが2014/10/7から始めた特別プラン「3分0円プラン」とは、新規利用かつ先着5万名限定で、3分以内の通話が何度でも0円(3分を超えると20円/30秒)になるというもの。

私はすでに利用開始しているため申し込めませんが、まだ使ったことのない人にとっては利用しないと損といってもいいくらいのプランです。


上記ページによると、携帯電話ユーザーについて以下3つの事実があるらしい。

① 携帯発信の84%が3分以内で終話している
② 74%のユーザーの携帯電話の月々の通話料は2,000円未満
③ 携帯電話ユーザーの61%が音声通話定額プランを不要と感じている

こちらの記事でも書きましたが、私も上記3つに完全に当てはまるユーザーの一人。

音声通話定額(カケホーダイ)をまだ契約していない旧プラン利用者、私のようにMVNOに移った人にとってはかなり便利なプランと言えそうです。

なお、申し込み受付期間は2014/12/26 17:00まで(先着5万名)、プランの提供期間は2015/1/10 23:59まで。
その後は、状況に応じて1ヶ月単位でプラン提供を延長するかどうかが決定され、メールにて連絡が来ます。

いずれにしろ基本使用料は0円なので、プラン終了までとりあえず試しに使ってみて、その後通常の10円/30秒のプランに戻ったらあとは必要に応じて利用する、というのがよいのではと思います。

「楽天でんわ」通常利用時の利用シーンは?

3分0円プランであれば短時間通話に際限なく利用すればいいですが、通常の10円/30秒プランにはどのような使い道があるのでしょうか。


楽天でんわには、通話料が半額となるほかに

・電話回線を使っているため、IP電話と違って通話品質が通常の電話と変わらない
・自分の電話番号がそのまま使える

といった特長があるため(参考記事)、私の場合は安定したWi-Fi接続がない場所での通話(自宅やコワーキングスペース以外のほとんど)や、自分の番号を通知してかけたい有料通話のときには楽天でんわを使っています。


そもそもMVNOに移ったユーザーであれば「無料通話」はないはずなので、常に使っておいたほうが得ということになりますね。

IP電話や通話アプリ、楽天でんわの使い分けについては以下の記事にもまとめていますので、ご参考にどうぞ。

あとがき

3分以内の通話が無料になるのであれば、私の場合ヘタすると月の通話料が無料になってしまうくらいなんですよね。。。このプラン俺も使いたかったなあ。

楽天でんわ未登録の方は、今のうちに利用登録しておくのがおすすめです!

楽天でんわ: 楽天でんわ3分0円プラン登場!

⇒もっと 「MVNO(格安SIM)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック