2014年9月19日
iPhone情報

Data move from iphone5s to iphone6 8

iPhone 6を発売日に手に入れ、さっそうと外観(デザイン)について先程レビューを書きました

SIMフリーiPhone 6で、SoftBank版5sのSIMが使えたのも以前書いた通り。

というわけで、メイン機をiPhone 6に移行すべく5sのデータを移行することに。
今回は全ての情報を引き継ぎたかったので、iCloudではなくパソコン(Mac)のiTunesを使って引越しすることにしました。
(※引越しとは言っていますが、元の5sにもデータは残ります)

その準備と手順についてご紹介。

iTunes上のバックアップから、新しいiPhone 6に復元

事前に、移行元のiPhone(今回の場合は5s)のバックアップを取っておきましょう。
iTunesで以下の設定になっていれば、パソコンにiPhoneの完全なバックアップが保存されているはず。
(念のため「最新のバックアップ」でほぼ現在の日時が表示されていることを確認しておきましょう)

なお、不要なアプリを削除するなどデータを少なくしておくと、より短い時間で移行が完了します。

Data move from iphone5s to iphone6 1

※追記(2014/9/20 21:42)画像ではチェックが入っていませんが、「iPhoneのバックアップを暗号化」しておくとIDやパスワード等も含めて保存されるため、移行がよりスムーズになるようです。ただし、設定したパスワードは忘れないように注意が必要。参考記事はこちら


次に、新しいiPhone(今回は6)を同じパソコンに接続します。
すると、iTunesが以下のような画面に。

Data move from iphone5s to iphone6 2

iPhone 6に復元したいiPhoneのデータを選択し、次へ。

Data move from iphone5s to iphone6 3

復元するためには「iPhoneを探す」をオフにする必要があるらしい。

Data move from iphone5s to iphone6 4

iPhoneの設定、「iCloud」-「iPhoneを探す」をオフにしましょう。

Data move from iphone5s to iphone6 5

あとはデータ量に応じて数分〜数十分ほど待つだけ。
私の場合、7GB程度のデータで約5分でした。
※データを軽くする方法についてはこちらの記事を参照

Data move from iphone5s to iphone6 6

アプリがどんどんとダウンロードされていきます。

Data move from iphone5s to iphone6 7

一部iPhone 6ではダウンロードできないアプリがあったり、Gmailやメール(i)アカウント等の再設定は必要ですが、ほとんどのデータはiPhone 6上に復元されました。

※追記(2014/9/20 21:42)アカウント設定やID・パスワードの入力は、前述のとおり「iPhoneのバックアップを暗号化」しておくと不要となります

Data move from iphone5s to iphone6 8

iPhone 6で縦に広がった1行分は、空欄となっていました。

あとがき

なお、LINEアカウントを移行する場合には事前にメールアドレス登録 or Facebook連携をしておく必要がありますのでご注意を。(参考記事はこちら

今まで使っていたiPhoneと同じように使いたいという場合には、この方法を試してみてください!

⇒もっと 「iPhone情報」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック