2014年9月18日
iPhoneアプリ

Why choice iphone6 16gb 2
Travelling Companion / CarbonNYC

日本時間の2014/9/18 2:00頃、iPhone/iPad向けの新しいOS「iOS8」がリリースされました。

今回はiOS6→7のときほどのデザインの変化はありませんが、新アプリや既存アプリへの機能追加も多く、盛りだくさんの内容となっています。

個人的にとても嬉しいのがカメラアプリのアップデート
いくつかの機能追加があるのですが、今回はその中でも日常的に最もお世話になりそうな「露出補正(写真の明るさ変更)」「セルフタイマー」の使い方についてご紹介します!

iOS8(iPhone)カメラアプリでの露出補正のやり方

カメラアプリを起動させたら、まずは画面をタップしてピントを合わせます。
ここまでは今までのカメラと同じですが、右側に太陽のようなマークが表示されているのがわかります。これが露出補正。

Ios8 camera exposure selftimer 1

一旦指を離し、適当なところを再度タップ。そのまま指を離さずに上にスライドさせると、露出を上げることができます。どうも写りが暗くなってしまうような場合には、この機能を使うのが有効。

Ios8 camera exposure selftimer 2

逆に下にスライドさせると、露出を下げる効果。
明るかったり色味の問題で白く飛んでしまうような場合に使えます。

Ios8 camera exposure selftimer 3

セルフタイマーの設定方法

次に、セルフタイマーの使い方。

タイマーのマークをタップすると「オフ」「3秒」「10秒」の3つの選択肢が出てきます。

Ios8 camera exposure selftimer 4

セルフタイマーをセットしてシャッターボタンを押すと、画面の数字&フラッシュでのカウントダウンが始まり、設定した秒数後に10枚バーストで撮影されます。

Ios8 camera exposure selftimer 5

「3秒」は手ブレ防止や自撮りに、「10秒」は記念撮影にといろいろ使えそう。

あとがき

個人的に、露出補正機能はとても欲しかった機能。今までは対象物の白っぽいところや黒っぽいところをタップして無理やり露出を変えようとしてましたからね・・・。これからはそんな無意味なことをしなくてもよさそうです。

なお、iOS8にアップデートすると動かなくなるアプリもあるようなので、どうしてもないと困るアプリがある方は公式やTwitter等での動作確認報告をチェックしてみてからの方がいいかもしれません。ちなみに当初すぐ落ちると話題になったLINEですが、既にiOS8対応のアップデートをリリースしており問題なく使えますよ!

⇒もっと 「iPhoneアプリ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック