2014年9月12日
アップルイベント速報&考察

AppleEvent 0113

ついに発表された、Appleの新しいiPhone 6/6 Plus

iPhone 4S→iPhone 5で画面が大きくなったのは2年前のことですが、そこからさらに大きくなることになりました。Plusに至っては5.5インチもあり、4Sから2インチ、5から1.5インチも巨大化。
(なお、4S→5のときは縦に大きくなっただけで幅は変わりませんでしたが、今回は幅も大きくなっています)

個人的には、この大画面化の流れはちょっとやめてほしいなと思っています。
だって「携帯」電話ですよ

携帯電話(スマートフォン)は、ポケットに入れて持ち歩きたい

今や携帯電話(スマートフォン)が欠かせない時代。

人と連絡を取るのも、SNSやゲームをするのも、マップで目的地にたどり着くためにも必要。
多くの人にとって外出時にはほぼ必須のデバイスといっていいと思います。もちろん私にとってもそう。

ちょっと出かける程度であれば、iPhoneと財布だけ持って行くのもよくあること。これで大体のことはできてしまいますからね。
iPhoneも財布もポケットに入れて、もちろん手ぶらです。


そこで、今回のiPhone 6と6 Plusですよ。ぶっちゃけでかすぎないですか?

iPhone 6はまだしも、6 Plusなんて5.5インチもあるんですよ。
万札と同じくらいらしいのですが、ガッチガチの万札を想像してみると相当かさばる気が。。。

もし買い換えた場合、今よりもデカくて重い端末を持ち歩かないといけないことに。
(下手するとポケットに入りきらないかも)

iPhone 6 Plusに買い換える方は、携帯と財布だけ持って外出したいようなときはどうするんですかね?
頑張ってポケットに入れるのか、必ずバッグか何かを持ち歩くんでしょうか?

以下は個人的な意見です

「バッテリー寿命が長くなったらしいけど、巨大化するんだからある意味当たり前でしょ。それって進化といえるの?」

「2種類のラインナップにするなら、なぜどっちもでかくした?大画面化路線&コンパクト路線の2路線にしてほしかった…」

「iPad miniといい、中くらいの大きさの端末ばっかりリリースしてどうするの?よく言えばバランスがいいのかもだけど、iPadとiPhone使い分けてる人にとっては帯に短し襷に長しなんですけど」

「そんなデカい端末持って電話するの?」

「iPhone 5sですら片手持ちで左上のボタンタップ大変だったのに、これ以上大きくなったら無理じゃ?両手持ち前提?」

「アプリ開発者さん…大変そう……」

携帯電話はコンパクトであることも大事な要素だと思うので、大画面化にはあまり賛成できないんですよね…。
【3分でわかる】大画面のiPhone 6・Apple WATCH・おサイフ機能搭載などアップル新製品発表まとめより)

スペックアップやバッテリー持続時間向上、新機能搭載などでiPhone 6やPlusバンザイの方もたくさんいると思いますが、今の私の考えとしては上記の通りです。

スマートフォンに求めるものがそれぞれ違うはずなので、それぞれの意見があって当たり前のことなんですけどね。

iPhone 6や6 Plusを買う方はApple Online Shopか各キャリアのオンラインショップへ

使用シーンに合致するからiPhone 6や6 Plusが欲しいという方は、SIMフリーならApple Online Shop、契約ありのキャリア版が欲しいなら各キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)のオンラインショップでどうぞ。

予約開始は9/12(金)16:00から。

私はスマートフォンとしての実用性のみであれば様子見するでしょうが、ブログでレビューしたりいろいろいじってみたりしたい気持ちもあるので、買おうかどうか悩んでいます。

購入するとすればiPhone 6のSIMフリー版にして、現在使っている5sのSIMを挿して使うかなあという考えているところです。

あとがき

iPhoneの初登場時だっていろいろと言われていたけど今は普通になったわけで、iPhone 6やPlusも使ってみたらそれが普通になるのかもしれません。が、現在の私の認識としてはこの記事に書いた通り。

買い替え検討の参考になれば幸いです!

⇒もっと 「アップルイベント速報&考察」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック