2014年7月10日
クレジットカード

Good point rexcard title
Credit Cards / LendingMemo

追記(2015/9/6)

REXカードは、2015年12月より還元率のレートが改悪となり1.75%→1.5%へと下がります。よって、以下の文章は古い内容となりますのでご注意ください。現時点でおすすめかといえば、微妙なところです。。。


普段使いのクレジットカード、どういう基準で選んでいますか?

よく使うショップのカード、CMで見たカード、ステータス、保険の充実度…などなど、選ぶ理由は人それぞれだと思います。

では私はどういう基準で選んでいるかというと、やっぱり還元(キャッシュバック)率

支払いにカードを使うだけで得するわけで、その得する金額は当然高ければ高いに越したことはないですよね。


そのキャッシュバック率が最強クラスに高いカードの1つが、今回紹介するREX CARD(レックスカード)

普通のショッピングでのおトク度もさることながら、付帯保険、価格.comでの便利さ、それ以外にも初年度年会費(条件を満たせば次年度以降も)無料など他にもポイントがあります。

今回は、このREXカードについてどこがおすすめなのか、詳しくご紹介していきます!

通常利用で1.75%キャッシュバック、Amazon等のショップではさらに還元率アップ

やはり何と言ってもおすすめしたいポイントが、キャッシュバック率の高さ
よくある「特定の店舗ならポイント◯%」とかではなく、そのへんのお店での通常利用で1.75%もの高還元率なのです。

ちなみに有名どころのカードだと、楽天カードは通常利用で1%、Tカードは0.5%。いかにこの1.75%という還元率が高いかがわかると思います。

Good point rexcard 1
(REX CARDのページより引用)

さらに、「JACCSモール」というサイトを経由すればさらに還元率がアップ。

例えばAmazonなら0.5%なので、合計2.25%も戻ってくることになります。すげえ。

初年度年会費無料、2年目以降も月42,000円以上の利用で無料に

例えばゴールドやプラチナカードなどで、高還元率を謳っている場合があります。

ですが、そういったステータスの高いカードは年会費も高い。安くとも一万数千円といったところ。
これではいくら還元率が高くてもその分払っているわけですから、よほど利用金額が多くない限り得するとはいえません。


REXカードの場合、初年度の年会費は無料。2年目以降も、前年度の利用額合計が50万円(月に約4万2千円)以上であれば無料となります。
メインのカードとして各種ショッピングや光熱費、通信費、国民年金などを集約していれば大抵は超える程度の数字でしょう。

なお、「カードで年間そんなに使わないよ!」「無料になるかどうか心配しながら使うのは面倒!」という方には、REX CARD Lite(レックスカードライト)という選択肢も。

こちらは、年会費は条件無しで無料。その代わり還元率は1.25%と少し下がりますが、これでも他のカードが大抵0.5%程度であることを考えると十分高いです。

保険に「ショッピングプロテクション」が選べる

REXカードには他の多くのカードと同様に不正利用による損害を保証する「ネットあんしんサービス」「カード盗難保険」がついています。

それに加えて付帯保険が2種類選べ、片方はこちらも多くの他カードにもついている国内・海外旅行障害保険。
もう1つが「ショッピングプロテクション」といって、REXカードで購入した品物にを購入日から90日間、盗難・破損などの偶然な事故によって被った損害を年間100万円(1事故につき自己負担3,000円)まで補償するという保険。

後者のショッピングプロテクションはなかなか他ではない保険。なので、こちらを利用したい方にとってREXカードは有力な選択肢となりそうです。

価格.com安心支払いがよりお得に

REXカードは、価格.comを運営するカカクコムが発行しているカード。

それもあって、「価格.com安心支払い」を利用すると還元率が1.75→2.0%(Liteの場合は1.25→1.5%)にアップする特長があります。

価格.comをよく利用する人にとってはありがたい特典ですね。

2種類のデザインを選べる

実利とは関係ない部分ではありますが、REXカードはデザイン(色)がブラックとレッドの2種類。
好きな方を選べるという数少ないカードでもあります。

ベーシックな色が好きなら黒、少し目立つものがよければ赤を選んでみてはどうでしょうか。

あとがき

以上、REXカードのメリットをまとめてみました。

ご自分の年間利用額や使用シーンに合いそうであれば、おすすめですよ!

⇒もっと 「クレジットカード」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック