2014年7月4日
Webサービス

Name card eight title

名刺って、交換するのはいいけどどうしても溜まってしまい、整理するものおっくうになりがち。

そんな方のために、当ブログではScanSnap iX500とEvernoteで名刺管理する方法を以前書きました。

ScanSnapで読み取った名刺データをそのままEvernoteに送り、文字認識で検索可能にして便利に使おうというもの。私もこれでずっとやってきて困ったことはないですし、直近で交換したもの以外家に紙の名刺は1枚も残っていません。


ですが、特に営業さんなど、人と多く会いかつしょっちゅう連絡を取る(名刺を活用する機会が多い)人であれば、上記の方法では不十分な場合もあるかもしれません。

文字認識は精度が100%じゃないですし、Evernoteのタグで分類できるといっても数が増えすぎると管理がしづらくなるでしょう。

そんな方におすすめなのが、名刺管理アプリ・サービスの「Eight」
既に50万人が使っているとのことで、私の周りでもかなり多くの人がユーザーとなっています。
無料で使えるのも嬉しいポイント。(どうやって収益化してるんやろ。。。)

今回はこのEightがどんなサービスなのかご紹介します!

名刺をスマホ(iPhone/Android)で撮影するだけでデータ化できる「Eight」

まずは、Eightのスマートフォン(iPhone/Android)アプリをダウンロードしましょう。

必要事項を入力しユーザー登録したら、準備完了。

あとはスマホで名刺を撮影するだけで、名刺を取り込んでくれます。

この「写真→データ」の作業、自動認識ではなくなんとオペレーターさんが手入力でデータ化してくれるとのこと。

字体や色遣いなどに左右される自動認識と違い、人の目で確認しながらデータにしてくれるので精度が非常に高いのが特長です。

登録した名刺はアプリやパソコンで閲覧可。相手とつながれば自動アップデート!

こちらがアプリを起動した画面。自分の名前と登録した名刺が表示され、ここから取り込みたい名刺を撮影したり、Eightでつながっている人の名刺を見たりできます。

Name card eight 2

カメラボタンを押すと、撮影モードに。赤枠に合わせて撮影しましょう。
両面撮影もできます。

Name card eight 1

こちらはEightで既に取り込んだ、あるいは名刺交換してつながった人のリスト。
名前や会社名、交換月で並べ替えが可能。また名前や社名、メールアドレスなど様々な要素で検索可能です。

Name card eight 3

タップすると詳細画面に。名刺に記載されている情報がしっかりと取り込まれています。
相手がEightかつFacebookユーザーであれば、Facebookのその人のページに飛ぶことも可能。この画面から電話もかけられるしメールも送れます。インストールしていれば通話料が半額になる楽天でんわも使えますよ。

Name card eight 4

自分の名刺が新しくなったら、もちろん差し替えることができます。過去の名刺を残しておき、職歴や名刺の変遷を辿れるようにしておくことも。

Name card eight 5

自分のEightアカウントに名刺交換リクエスト(Facebookでいう友達リクエスト)が来たり、つながっている人の名刺が変わったりすると以下のように通知が来ます。

Name card eight 6

スマートフォンで取り込んだ名刺の情報は、パソコン(Web)でも名刺を確認可能。便利!

Name card eight 7

実際に名刺を取り込んでみた

実際にEightで名刺を取り込んでみました。
個人情報なのでボカしていますが、横書き・縦書き、カラーでレイアウトがちょっと変わっているものを3枚用意。

Name card eight 9

アプリで撮影したらしばし待つ。

Name card eight 10

数時間後、早くも1つ目の名刺が登録されていました。情報も正確。
この場合は相手が既にEightユーザーだったため、かなり早く読み込みが完了したようです。

Name card eight 11

2つ目。カラフルで住所等の記載位置もちょっとイレギュラーな名刺でしたが、問題なく登録されていました。

Name card eight 12

最後の3つ目。あれ、名前だけしか登録されてない。。。
裏面に会社住所等が記載されている名刺の両面読み込みをしたのですが、どうやら裏面の情報は認識してくれなかったようです。
あまりないパターンだとは思いますが、この場合は自分で手入力する必要がありそうですね。

Name card eight 13

ScanSnapから読み取ってそのままアプリに取り込める

ベータ版ではありますが、ScanSnapから読み取った名刺をそのままEightに取り込めるWindows/Macアプリ「Eight Scan」もあるようです。

どちらかと言えばスマホ写真よりもスキャナー派、かつ既にPDFでデータ化してある名刺(原本はシュレッド済み)が大量にある私としては、このアプリの正式版リリース&既にデータ化してある名刺のEightへの取り込み機能をぜひ実装してほしいところです。

あとがき

無料で使えるのに数ある有料名刺管理サービス・アプリに対しても全く遜色ない(それどころか上回っているとさえ言える)Eight。名刺交換をすることのある人であれば、使わない理由はないくらいのレベルかも。

もし知らなかった方がいれば、ぜひお試しあれ!

50万人が使う名刺管理アプリEight



なお、Eightは全国のコワーキングスペースと協力して「どこでもスキャン計画」なるものを開催しており、私もよくお世話になっているヨカラボ天神でも開始されるようです。

ScanSnap iX500が設置され、コワーキングスペースの利用料を払えば名刺をガンガンスキャンしてデータ化、Eightに取り込むことができます。
福岡で名刺の整理に困っている方は、ぜひ利用してみてください。

福岡市のコワーキングスペース&3Dプリンターなら | ヨカラボ天神

名刺や紙のデータ化関連記事は以下からどうぞ。

⇒もっと 「Webサービス」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック