2014年6月26日
iPhone・iPad・Mac製品

Ipad air stand arm 8

男子ハックさんのこちらの記事を見て、なんとなくiPadをサブディスプレイにできるアーム型スタンドに興味を惹かれていました。

ですがこの記事内で紹介されているTwelve Southの製品は1万円以上するため、やや予算的には厳しい。

もうちょっと安くていいものはないか…と探していたところ見つけたのが、今回紹介するTaoTronicsのiPadスタンド(フレキシブルアーム)
価格は3,599円(2014/6/16現在)と前述のものに比べかなり安く、これなら出せそうな範囲。

設置し使ってみたところ、角度調整など機能性もしっかりしており安っぽさもなく、十分に使える。
iPadをサブディスプレイにしたり、動画や本を見るときに使ったりと活躍してくれそうです!

360度角度調整可能な、TaoTronicsのiPad用アーム型スタンド

思ったよりもかなりしっかりしたデザインの箱で届きました。
私の場合はiPad Air用ですが、iPad mini用前世代のiPad用もあるようです。

Ipad air stand arm 1

机やiMacの脚に設置できるらしい。とにかく挟むところがあれば取り付け可能です。

Ipad air stand arm 2

中身はフレキシブルアーム型スタンドのセットに説明書、結局使うポイントがわからなかった謎のフィルム。

Ipad air stand arm 3

机などに取り付けるためのクランプは、2つの角度にアームを取り付けられるようになっています。

ipad-air-stand-arm-13

説明書の日本語がかなり怪しいですが、部品も多くないので簡単に組み立てできます。

Ipad air stand arm 4

もし悩むポイントがあるとしたらここでしょうか。
iPadをホールドする部品の後のネジは一旦外してアームに通し、背面の穴に球になっている部分をはめこみ、ネジを締めなおします。

Ipad air stand arm 5

パソコンのディスプレイ横に設置。充電ケーブルもまとめられていい感じ!

こんな感じで、以前購入したBenQ製24型サブディスプレイの横に設置してみました。

Ipad air stand arm 6

クランプをしっかり締めて机に固定してあります。

Ipad air stand arm 7

iPadをサブディスプレイとして使えるアプリと組み合わせれば、3画面体制の完成!なんか仕事できるデスクっぽいぞ!

Ipad air stand arm 8

使ったのは以下のアプリ。ただ、ディスプレイの調整がうまくいかずに解像度が高すぎ、画面がかなり小さめに映ってしまいました。

DisplayPad
ユーティリティ, 仕事効率化
¥300


App

これは何か方法があるのか、別アプリを購入してみようか検討中。

なお、iPadをサブディスプレイとして扱う際には配置をうまく調整してくださいね。うちだと以下のような感じ。
物理的な位置と同じにしています。

Ipad air stand arm 12

iPadで本を見ながら、あるいは動画を流しながら作業するのもアリ。
試しにHuluの動画を流してみました。

Ipad air stand arm 9

付属のクリップを使えば、以下のようにLightningケーブルをアームに沿って這わせることも可能ですよ。

Ipad air stand arm 10

あとがき

これでデスクにiPad用の決まった置き場所ができ、さらにサブディスプレイとしても使えるので一石二鳥。
iPadユーザーは検討してみる価値がありそうですよ!

⇒もっと 「iPhone・iPad・Mac製品」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック