2014年6月3日
アップルイベント速報&考察

Apple sweep other apps 1

Appleの開発者向けイベント、WWDCにて新しいMac OS Yosemite(ヨセミテ)、及びiOS8が発表されました。

いずれも正式リリースは今秋というのも、上記記事に書いた通り。


その中で発表されたうちのいくつかは、どうやら既存の(別会社の)サービスやアプリの機能とかぶっているようなのです。

IT界の巨人たるAppleがOSの機能として搭載するわけですから、既存の側も無事ではいられない、場合によっては駆逐されることが濃厚といってもいいかもしれません。

この記事では、そういった「駆逐されるかもしれない」アプリ・サービスについて挙げてみました。
私も実際結構使ってたりするんですが、一体どうなるんだろう。。。

Dropbox(VS iCloud Drive)

最初に挙げるのは、老舗クラウドストレージサービスのDropbox
競合すると思われるのはAppleが発表したiCloud Driveです。

Apple sweep other apps 2

これまではiPhoneのデータ等限られたものしか保存できなかったiCloudですが、iOS8/Mac OS Yosemiteではあらゆるファイルを保存できるようになるとのこと。しかもWindowsでも利用可能らしい。

この分野で圧倒的に先行しているDropboxですが、料金で比べるとiCloud Driveの方がかなり割安。
無料で使える容量は、Dropboxが2GBに対しiCloud Driveは5GB。
(Amazon Cloud Driveも5GB、Google Driveは15GB)

例えば200GBの場合を$1=100円換算で考えると、以下の通り。
・Dropbox:2,250円/月、22,500円/年
・iCloud Drive:399円/月、4,788円/年
・Amazon Cloud:4,000円/年
・Google Drive:398円/月、4,776円/年

後発のApple(それにAmazon、Google)はDropboxに比べかなり安い価格設定をしていることがわかると思います。巨大企業なので、ここで例え多少の損失を出したところで痛くもかゆくもないでしょうしね。。。


現在のところ連携サービスの多いDropboxはまだまだ強いようですが、Google DriveやAmazon Cloud Driveも含め今後はどうなるのか、注目したいところです。

しかしIT界の3大巨人と戦うことになるDropboxさん大変やで。。。

Alfred(VS Spotlight)

Mac内のアプリやファイル、さらにはWebまでを速攻で横断検索し、起動できる便利アプリAlfred

その存在を知ってか知らずか(いや知らないはずはないですが)、Appleはほぼそのままと言ってもいい機能を今回Mac OS YosemiteのSpotlightに搭載してきました。

DSC 0886

これはほんと、えげつないですよ。。。

そもそもAlfredはMac専用アプリなのに、そのMacの標準機能として同じようなことができるようになってしまうわけですから。

これまで使っていて愛着のあるユーザーは今後ともAlfredを使い続けるかもしれませんが、ほぼ駆逐される運命にあると言っても過言ではないでしょう。

私の知る限りAppleがAlfred買収したわけでもないですし、もう一度言いますがほんとえげつない。。。

写真加工アプリ(VS iOSの写真アプリ)

今回のiOS8では、写真をある程度加工することが可能になりました。

WWDCの画像を見る限りだと、露出やコントラストといった基本的なパラメータ、及び色合いについては編集ができそうです。

Apple sweep other apps 3

App Storeに数多ある写真加工アプリですが、デフォルトのアプリでここまでできてしまうとかなりその需要も減ってしまうのではないかと。

TiltShift Generatorのような個性派アプリか、コアユーザーに向けてがっつり修正できるアプリしか残らない気もしますが、どうなっていくのでしょうか。

TiltShift Generator – ミニチュア風トイカメラ
写真/ビデオ, ライフスタイル
¥100


App

ボイスメッセージアプリ(VS iOSのメッセージアプリ)

iOS8では、メッセージに簡単に音声を付加することができるようになります。

DSC 1187

ロック画面から聴くことまで可能。

Apple sweep other apps 4

ボイスメッセージをやりとりできるアプリって、今までもありましたよね。例えばHeyTellとか。

HeyTell
ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
無料


App

レビュー記事:iPhone/Androidアプリ「Heytell」で、新しい「声」のコミュニケーションを。楽しさと実用性を兼ね備えた画期的アプリ!


元から入ってるメッセージアプリで音声のやりとりができるなら、やっぱりそっちを使っちゃいますよね。

Heytellの場合はAndroidも含めてやりとりできるメリットがあるので完全に駆逐はされないでしょうが、ボイスメッセージ系アプリはやはり大ダメージを受けそうです。

あとがき

今回のiOS8/Mac OS Yosemiteでは、MacとiPhone/iPadの連携もかなり強化されました。

少なくとも日本においてスマートフォンで圧倒的シェアを誇るiPhoneをテコに、国内のWindowsシェアをMacが徐々に奪っていくことも十分に考えられます。
(特にビジネス用で強いWindowsがそうそう簡単に減ることもないとは思いますが)

私たちユーザーとしてはそのとき便利なものを使うだけですが、あまり特定の企業の影響が大きいとちょっと怖い部分もありますね…。
Appleに加えてGoogle、Amazonに対しては本当に、そう思います。

⇒もっと 「アップルイベント速報&考察」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック