2014年5月28日
パソコン周り

Snaplite review 1

ScanSnapを販売しているPFU社がリリースした、新しい製品「SnapLite(スナップライト)」。

今までのどちらかといえばパソコンに詳しいディープめな人が使うイメージだったScanSnapとは全く違い、女性中心のチームで「どうすれば女性にも使ってもらえるか?」を考えて作ったとのこと。

その結果リリースされたSnapLiteは、普段はデスクライトでありながらiPhoneをセットするとスキャナーになるという今までにない製品。
デザインもかなり洗練されており、普段から家に置いておいても違和感なく溶け込んでくれます。


今回、ScanSnapアンバサダーとして1台いただいたので、早速レビューしていきたいと思います!

ちょっと長くなったので2回に分け、第1回の本記事では開封からiPhoneを乗せてのスキャナー化、アプリによるデスクライトの操作をご紹介。

パッケージからしてかなりおしゃれ。リスのマークが目印の「SnapLite」

SnapLiteのパッケージ。
白とピンクのシンプルながら凝ったデザイン。

Snaplite review 1

リスのマークが目印です。

Snaplite review 2

蓋を開けてみたところ。
よくある日本の家電製品のように梱包材やダンボールで詰められておらず、Apple製品のようなイメージでシンプルにまとまっています。

Snaplite review 3

中に入っているのはこれだけ。
本体、アダプタ、説明書の紙1枚にステッカー。

Snaplite review 4

SnapLite本体は光沢のあるホワイトです。

Snaplite review 5

iPhoneを乗せる上部の台や、

Snaplite review 6

スキャンするときのボタンにもSnapLiteのリスのマークが。

Snaplite review 7

底の背面にはUSBポートもついており、iPhoneなどの充電も可能。

Snaplite review 8

iPhoneをセットしてスキャンしてみた。ボタン操作も最小限でかんたん!

SnapLiteをスキャナーとして利用する前に、まずはiPhoneアプリをダウンロードしておきましょう。

SnapLite
写真/ビデオ, ユーティリティ
無料


App

アプリを起動すると、自動的に近くのSnapLiteを探してBluetooth接続してくれます。
それと同時に、スキャンに最適な明るさにLEDライトが点灯。

Snaplite review 9

つながったら、アプリの指示通りにiPhoneをSnapLiteの上に置きましょう。

Snaplite review 10

レーザーで表示される赤枠の中に、スキャンしたいものを置きましょう。
今回は、以前購入した4コマ英語の本を読み取ってみました。

Snaplite review 11

あとはリスのマークのスキャンボタンを押すだけ!

Snaplite review 12

iPhoneを台から外すと、自動的に読み取った原稿を取り込みます。
スキャンする作業において、一度もiPhoneを覗きこむ必要がないのがポイント。

その際、机の色を自動的に判断しトリミングしてくれます。
※この仕組み上、机と同じ色のものはうまくトリミングできない場合があるので注意

Snaplite review 13

今回は厚みのあるものを読み取ったため、端に少しだけ影ができていますね。
これをもっと綺麗にしたい場合には、トリミングもアプリ上で可能です。

Snaplite review 14

いい感じに修正できましたね!

Snaplite review 15

ちなみに、スキャンボタンを押してから実際にスキャンするまでの間は0〜3秒まで設定可能なので、例えばネイルを撮りたいなどといった場合にも焦ることなく綺麗に撮影できます。
また、TwitterやFacebook、メール等でのシェアも可能。

デスクライトは白・オレンジの2色、5段階。iPhoneアプリで操作可

デスクライトとしての機能も充実しており、ライトは白・オレンジの2色、5段階に調節可能。

白。

Snaplite review 28

オレンジ。

Snaplite review 29

ライトの操作はSnapLiteアプリ上から。

Snaplite review 30

ライトのオン/オフや照明色変更は本体のボタンでもできますよ。

あとがき

次の記事では、iPhoneのカメラで撮るだけでは実現できないSnapLiteの便利機能「マルチクロップ(複数枚同時読み取り)」「原稿の合成」についてご紹介します!

→ レビュー第2回書きました。「SnapLiteレビュー(2) 名刺など複数枚同時に読み取ったり、大きな原稿も2回に分けて撮影・合成できる!

⇒もっと 「パソコン周り」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック