2014年5月21日
ScanSnap(スキャナー)

Snaplite title

本日(2014/5/21)、ScanSnapシリーズを販売しているPFUから新たに発表された「SnapLite」という製品。

どうやら、普段はデスクライト、iPhoneをドッキングさせるとスキャナーになるという今までにないタイプのプロダクトらしい。


スキャナーというと結構場所をとってしまったり、パソコンが必要だったり、割と高額だったりとややハードル高めなのがネックといえばネック。

このSnapLiteであれば普段はiPhoneで操作できる高機能デスクライトとして使いつつ、必要なときだけ手軽にスキャナーとしても利用できるので、よりライトな(※ダジャレではない)ユーザーにも手が出しやすそうですね。

というわけで、現在公式ページ等で確認できる内容をまとめてみました!

iPhoneと合体してスキャナーになるデスクライト「SnapLite」

Snaplite 1

SnapLite公式サイトにて発表されているところによると、専用アプリを立ち上げた状態でSnapLiteにiPhoneをセットすると、カメラ機能を使ってスキャンができるようです。

セットしているので手ブレの心配がないのはもちろん、机の模様を自動的に判別して切り抜き、補正まで自動的にやってくれます。

さらには名刺などの複数枚同時読み取りや、大きな原稿については左右別々に撮影して合成なんてことまでできてしまうらしい。

これ自体がデスクライトでもあるので、光量不足や影ができてしまうなどの心配もありません。

デスクライトとしても高機能、調光や色味の変更がiPhoneからできる!

スキャナー機能を使っていないときには、高機能なデスクスタンドLEDライトとして使えます。

白色と暖色の2色が使え、明るさは5段階。ON/OFFも含めたこれらの操作は全てiPhoneアプリから可能です。

電球のような暖かい色と、ニュートラルな白い色、2色のLEDライトを搭載。アプリを使って、色の切り替えや、明るさを5段階に調整が可能です。リビングやベッドサイドでリラックスして本を読むときには、ほのかな暖色に。勉強や作業に集中したい時には白色で明るくしたり。シーンに合わせて最適な光を選ぶことができます。
SnapLite公式サイトより)

ScanSnap SV600の簡易版?使用感に期待

SnapLiteの用途としては、以前レビューしたScanSnap SV600のように雑誌やレシピ等のクリップ、立体物のスキャン、複数枚の同時読み取りといったあたりが考えられそう。

非破壊自炊が可能なScanSnap SV600の注目機能6つ。タイマースキャン、マルチクロップなど

機能の充実したSV600ですが、一般ユーザーが手を出すにはやや高額で、置きっぱなしにしておくとやや場所を取るのが家庭用としてのネックでした。

このSnapLiteはSV600に近いスキャン方法が可能でありつつ(簡易版といった感じでしょうか)、iPhoneという最も普及したスマートフォンを使うことでパソコン不要、かつスタンドライトとして普段からデスクに置いてくことが可能。

ライトユーザーにはハードルが高く感じる人もいる「スキャナー」をより手軽に使えるようにした、面白い製品だなあという印象です。

あとがき

SnapLiteの発売日は一週間後の5/28とのこと。手に入ったら、追ってこのブログでもレビューしていきたいと思いますのでお楽しみに!


→レビュー書きました。

⇒もっと 「ScanSnap(スキャナー)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック