2014年5月20日
iPhoneアプリ

Rakuten denwa campaign title

2013年12月にサービス開始となった楽天の電話アプリ「楽天でんわ

アプリ経由で普通に電話をかけるだけで、通話料が半額になるという便利なサービスです。

じわじわとユーザー数も伸びており、また国際電話やグループ設定に対応したりなど、アプリ自体も少しずつ改良を重ね進化してきている模様。

ただ、やはり電話は元々ある電話アプリで普通にかけるものというイメージが強い。
「楽天でんわ」について聞いたことがあっても、なんだかよくわからず手が出ないという人も多いのではないでしょうか。


そういった方に向け、「春のかけ放題キャンペーン」なるものが行われるらしい。

5/25(日)は30分未満の通話が何回でも完全無料となるほか、100円分の無料通話プレゼントもあるとのこと。
実際に使えるアプリなのかどうか、試してみるには絶好の機会ですよ!

「楽天でんわ」のメリットと注意点

「楽天でんわ」の使い方は簡単。Web上で登録して、アプリをダウンロードするだけ。
⇒ 楽天でんわ利用登録はこちら

あとはアプリ経由で電話をかけるだけで、通話料が半額になります。月額料金などは不要なので、登録するだけでは料金はかかりません。ご安心を。


但し、いくつか注意すべき点があります。
そのあたりも含め、楽天でんわを利用した場合のメリットと注意点をまとめてみました。

▼ メリット

・通話料が10円/30秒と通常プランの半額に
 (ドコモのタイプXi、auのLTEプラン、SoftBankのホワイトプラン、いずれも20円/30秒)
・国際電話も10円/30秒とdocomo/au/SoftBankの通話料より断然安い
・自分の番号を通知できる

Rakuten denwa campaign 1

・通話品質は電話回線を使っているため、普通の電話と同等
 (050番号を利用するIP電話より通話が安定しやすい)
・利用100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント

▼ 注意点

・同一キャリア同士で無料通話可能でも、楽天でんわを使うと有料になってしまう
 →「無料通話リスト」を使って回避可能
・Wホワイト等の割引オプションに入っている場合、通話料は変わらない。
 ただし、オプションの月額料金934円が節約できる効果あり
・請求はキャリアからではなく楽天から


最も注意すべきなのは、1つめに書いた注意点。
家族間無料通話など無料通話が可能な相手でも、楽天でんわを使ってしまうと通話料がかかってしまうことです。

それを回避するために「無料通話リスト」という機能が楽天でんわには備えられています。

Rakuten denwa campaign 2

無料通話ができる相手はここに入れておくと、通常通り無料で通話可能。

それ以外の相手は、楽天でんわから通話するようにしておけば通常の電話より損することはありません。

グループ設定、国際電話にもアップデートで対応!

さらに2014/4より、iPhoneではできない「連絡先のグループ設定」ができるようになりました。
これまではグループ分け用のアプリをわざわざ購入していた私としても、これは嬉しいアップデート。

以下のように、グループごとに連絡先を表示し、電話をかけたりプロフィールを確認することが可能に。

Rakuten denwa campaign 3

もちろん、グループは好きなように追加・編集・削除できます。

Rakuten denwa campaign 4

連絡先の編集やグループへの追加もここから。デフォルト連絡先アプリの上位互換という感じですね。

Rakuten denwa campaign 5

国際電話についても、2013/12のリリース当初は対応していなかったのですが2014/2より対応。
しかも通常の電話だと30秒あたり国によって30〜180円の料金がかかるのに対し、「楽天でんわ」は10円/30秒と国内通話と変わらない低価格です。

アップデートで着実に進化していくアプリというのは信頼がおけていいですね。

「春のかけ放題キャンペーン」で通話が1日無料に。試しに使ってみるチャンス

何だかよくわからないから使ったことがない…という方に、うってつけなのが今回開催される「楽天でんわ 春のかけ放題キャンペーン」。

1日通話が無料になったり、無料通話分がプレゼントされたりと初めての人が試してみるのにちょうどいいチャンス。
キャンペーン内容は以下の2点です。

  • ① 5/25(日)0:00〜23:59の間、30分未満の通話が何度かけても無料
  • ② 5/16(金)10:00〜5/26(月)9:59の間に新規利用登録すると、100円分の通話料割引

実際のところ「通話品質は普通の電話と同等」と言われても、体験してみないと実感がわかないと思います。
この機に使ってみてはどうでしょうか。

品質も使い勝手も変わらず通話料が安くなるなら、これ以上のことはありませんからね。

結局のところ得なのか?ドコモの新料金プランと比較

先日発表された、ドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

その料金を見てみると、スマートフォンの場合月額基本使用料2,700円で国内通話かけ放題となっています。
※2年契約の場合。パケット料金は別

ソフトバンク・auについても、ドコモの様子を見て決めることを考えるとほぼ横並びの料金プランになる可能性は高い。


これまでは2年契約の「タイプXi にねん」で基本使用料743円だったので、単純に考えると2,700-743=1,957円分を超えた通話をする人であれば、新料金プランの方がお得ということになりますね。

「楽天でんわ」で1,957円分の通話をしようとすると、約98分。
毎月、固定電話や別キャリア携帯、同一キャリアの無料時間帯外に98分も電話をすることがあるでしょうか。。。そんな人はかなり少数派な気がします。


もし新料金プランのカケホーダイに加入すれば「楽天でんわ」を含む全ての通話アプリは不要になりますが、毎月確実に2,700円支払うことになります。

それよりも、旧料金プラン(2014/8まで申し込み可)+「楽天でんわ」の方がお得になる人が多いのではないでしょうか。少なくとも私は確実にそっちですね。

あとがき

実際のところ「楽天でんわ」は自分の番号を通知しつつ、通話品質も変わらないのに通話料が半額になるわけですから、用途によってはかなり使えるサービスだと思います。

それでも疑心暗鬼な方は、せっかくキャンペーンがあるのでその無料期間のうちに試してみてはいかがでしょうか。

うまく使えば、かなり携帯電話代の節約になりますよ!

楽天でんわ: 春のかけ放題キャンペーン