2014年4月13日
パソコン周り

Macbook dual display 10

外出先でも家でも、ノートパソコン(MacBook Air)で作業をしている@ushigyuです。

外ではしかたないですが、自宅での作業環境はさらに改善できそう。
ということで、ディスプレイの購入を検討していたところ目に留まったのが、BenQ の24型ワイドディスプレイ(GL2460HM)

これをMacBookに接続し、縦のデュアルディスプレイにして作業領域を広くすればさらに捗りそうだったので速攻でAmazonにて注文。
併せて必要な各種ケーブルや、縦並びにするためのディスプレイ用スタンドも購入。
全て含めて約2万円程度で済みました。

設置してみたところかなりいい感じの作業空間が出来上がったので、ここでご紹介します!

BenQ 24型ワイドディスプレイGL2460HM

Amazonでのベストセラーで、評判も良かったので購入したBenQの24型ワイドディスプレイ、GL2460HM。
縦横比は16:9、解像度はフルHD(1920×1080)です。

Macbook dual display 1

中身はディスプレイとスタンド、ドライバCD、電源・DVI・D-subケーブル。

Macbook dual display 2

梱包材かぶっちゃダメですよ。

Macbook dual display 3

これを今からMacBook Airにつなげるで……!

Macbook dual display 4

縦デュアルディスプレイにするために、モニター台を購入。USBポートつき!

縦(上下)でデュアルディスプレイを実現するためには、ディスプレイを若干高くしないと画面が重なってしまいます。
というわけでそのためのモニター台(スタンド)を購入。サンワダイレクトの100-MR039BKという製品。

Macbook dual display 5

組み立て式ですが、ネジを4ヶ所締めるだけなので簡単。
ご覧の通り、電源とUSB拡張ポートがついてます。

Macbook dual display 6

Thunderbolt(Mini DisplayPort)→HDMI接続用アダプタとケーブルも

MacBookから外部ディスプレイに出力できるポートは、Thunderbolt(Mini DisplayPort)。
そこから購入したBenQディスプレイにつなげるためには、HDMI/DVI/D-subのいずれかに変換しなければいけません。

今回は、デジタル画像と音声も出力したいということでHDMIを選択。
そのためのアダプタと…

Macbook dual display 7

HDMIケーブルもAmazonにて購入。
安心のコスパ抜群Amazonベーシックシリーズです。

Macbook dual display 8

MacBook+サブディスプレイで、縦の2画面環境が完成!

スタンドにディスプレイを乗せ、各種ケーブル等を接続。

Macbook dual display 9

おお、いい感じや!
13インチMacBook Airとスタンド・ディスプレイの高さも絶妙。よかった。
接続されているケーブルや機器が多いのは、外付けHDDをつなげて母艦として利用しているため。

Macbook dual display 10

なお、画面設定は以下の通り。当然ながら、ウィンドウをドラッグして上下のディスプレイに移動させたり自由にできます。

Macbook dual display 11

1つだけ注意点。
このBenQの24型ディスプレイGL2460HM、画面のサイズやクオリティはよいのですが、音はかなりしょぼい上に小さいです。体感では、音量MAXでもMacBookの中くらいの音より小さいくらい。

なのでスピーカーの音質には期待せず、純粋にディスプレイとして使うことをおすすめします。
(そういう意味ではHDMIでなくDVIアダプタと付属のDVIケーブルでよかったかも)

あとがき

2014/4現在で、今回紹介したディスプレイが15,480円、スタンドが4,402円なのでこれで2万。ケーブル含めて約22,000円くらいでしょうか。
これで作業効率が上がるのであれば安いものです。

MacBookなどノートパソコンを持っていて自宅作業をする方は、検討する価値のある組み合わせだと思いますよ!

母艦をiMacからMacBook Air+外付けHDD(2TB)にしたので、手順と利用した製品まとめます

良コスパ製品が揃いすぎ!「Amazonベーシック」PC・スマホ機器やケーブル類、充電池にカメラバッグなど品揃え豊富!

⇒もっと 「パソコン周り」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック