2014年3月16日
福岡

First trip to fukuoka title
提供:福岡市

住と食が非常に充実している街、福岡

ゴールデンウィークには日本最大級の動員数(約200万人)を誇る「博多どんたく港まつり」も開催され、多くの方が観光に訪れることと思います。

観光客の方々は、当然のことながら福岡についてあまり知らない方がほとんど。おそらく観光ガイド本などを見て来られることでしょう。

ですがそういった本に載っている情報はだいたい画一的で、どれも似たような情報が掲載されていることが多い。
GWの時期には全国に展開しているラーメン店「一◯」や、その他ガイド本に載っていそうな場所ばかりに行列ができていて、残念な気持ちになることもしばしば。

というわけで、今回は福岡市民として福岡旅行に来る方に知っておいてほしいことを3つピックアップしてご紹介したいと思います!

① ラーメン・もつ鍋・明太子だけじゃない福岡グルメを堪能しよう

全国的に有名な福岡グルメといえば、ラーメン・もつ鍋・辛子明太子あたりでしょうか。

ですが、食の豊富な福岡のグルメは全くそれだけではありません。


例えば、福岡は海の幸が豊富で魚が美味しい。代表的な一品はゴマサバでしょうか。
他にも刺身が美味しい店はいくらでもありますし、例えば佐賀・呼子の名物イカの活き造りだって多くの店で食べられます。

[グルメ]透き通ったイカを刺身で、天ぷらで。いかの活き造りの元祖「河太郎」in 福岡・中洲



うどんの発祥の地でもある福岡は、讃岐うどんとはまた違う、やわらかい麺でダシの利いた美味しいうどんが食べられます。

丼を覆い尽くす巨大ごぼ天に、麺もダシも抜群に美味い「大地のうどん」in 福岡市西区



水炊きも美味しい。鶏でじっくりとったスープを味わい、鶏の身やつみれを食べ、野菜を食べ、締めの雑炊や麺類をいただく。最高です。

福岡・薬院「とり田」水炊きが超ウマイ!鶏スープを使ったランチも絶品。



焼き鳥もあまり知られていない福岡名物の1つ。
まずは豚バラを頼んで、例えば以下の「とりかわ粋恭」なら鶏皮など各店の名物を味わいつつ一杯やる。これまた素晴らしい。

独特のカリカリ鶏皮と美味い焼き鳥!「とりかわ粋恭」in 福岡・薬院


もちろんラーメンやもつ鍋や明太子だって外せません。
観光ガイドに載っている・載っていない美味しい店、当ブログでもたくさん紹介してます。

おいしい店はやっぱり地元民に聞くのが一番。
知り合いの話や当ブログなどを参考に、ぜひ美味しいものを食べていってください。

② 中洲の屋台には気をつけよう

First trip to fukuoka 1
Yatai in Nakasu, Fukuoka, Japan / gaku.

福岡の代名詞の一つでもある「屋台」。川沿いに立ち並ぶ屋台の様子は、他県ではまず見られない福岡ならではの風景と言えるでしょう。

ですが一方で、その川沿いに立ち並ぶ”いかにも”な場所にある中洲の屋台については、良い噂を聞かないのもまた事実。

身近なところでも、「会計を数百円上乗せされた」「インスタントみたいなラーメンを出された」という感想が聞かれます。地元民にも評判良くありません。

全部がそうではなく、一部の悪質店がそういうことをしてるのだとは思いますが。。。
※上記写真は中洲屋台ですが、素材サイトから拝借したものなのでこれらがそういう店かどうかは不明です

区別がつかない以上、中洲川沿いの屋台は個人的にはおすすめできません。残念ながら。


もし屋台を体験したいのであれば、川沿いを外して国体道路沿いや渡辺通り沿い、魚市場(港)付近など別の場所をおすすめします。

せっかく福岡に来て、イマイチな思い出を作ってほしくありませんからね…。

③ ぜひ他県に足を伸ばして、九州の良さを堪能してほしい

福岡は住んだり食べるのには最高の街ですが、これといった観光地が多くないのは事実。
太宰府や柳川などある程度はあるものの、パンチの弱さは否めません。(個人的には)

そこでおすすめしたいのが、福岡を入り口とした九州旅行プラン。

福岡在住の私が、2泊3日の九州旅行プランを組んでみた。食・温泉・観光どれも豊富な九州へぜひ!

長崎のちゃんぽん皿うどんや海の幸、ハウステンボスや街並みや100万ドルの夜景。
佐賀のイカ活き造りや佐賀牛、嬉野温泉や焼き物街や吉野ヶ里遺跡。
大分の関サバ・関アジや鶏から、別府や湯布院温泉や日本一の吊り橋
熊本の馬刺しや熊本ラーメン、阿蘇や熊本城や黒川温泉。
宮崎のチキン南蛮や地鶏炭火焼き、高千穂を始めとしたパワースポットや大自然。
鹿児島の黒豚やしろくま、指宿温泉や桜島、霧島神宮。

いずれ劣らぬ九州各県の観光地は、キリがないほどあります。
(たくさん書きましたが、絞るのに苦労したほど)

福岡をある程度満喫したら、ぜひ九州の他県にも足を伸ばしてみてください。
温泉や自然や(福岡とはまた違う)食を感じられて、きっとさらに満足していただけるはずです。

あとがき

交通の便からして他県からも比較的来やすい福岡。

せっかく来るのであれば、ぜひ観光にグルメにと満喫してほしい。
さらに九州全体の魅力にも触れて帰っていただければ最高です。

これから福岡や九州旅行に来られる方がいれば、ぜひ参考にしてください!

なんだか九州旅行行ってみたくなった/いつか行ってみたい…という方は、以下の記事をブックマークしておくと便利です!

国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧

⇒もっと 「福岡」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック