2014年2月27日
節約

Saving article matome title
More Funny Money / cogdogblog

誰だって、出費は少ないに越したことはないと思っているはず。私もそうです。

家計簿なんかをマメにつけて食費を抑えて…といったような節約の仕方はあまり得意ではないのですが、知っていれば、あるいは最初に仕組みを作っておけば自動的に得をするような事を考えるのが結構好きで、今までに当ブログでもいろいろと記事にしてきました。

振り返ってみると、クレジットカード還元率、ネット銀行の活用、携帯通話料をかけない電話の仕方、電気代を安くするための契約変更などなど多岐に渡ります。


今回はそれらをまとめてご紹介。これを実践することで、日々の生活費がグッと安くなるかもしれませんよ!

クレジットカード利用時のキャッシュバックを最大限に

クレジットカードを使うとポイントがつくのは、ほとんどの方がご存知だと思います。
大抵の場合、その還元率は0.5からせいぜい1%程度。
楽天カードの場合は1%)

ですが実は、もっと高還元率でキャッシュバックを受けられるカードがあるのです。
以下の記事で紹介しているカードは、軒並み1.75%以上の還元率。

マイルやキャッシュバックで得する!高還元率のクレジットカード4選【1.75%以上】

一時、Amazonの利用時に得をするというクレジットカードが話題になりましたが、Amazonでの利用に限ってもなお記事中で紹介しているカードの方が多くキャッシュバックを受けられます。

Amazonクレジットカードが話題だが、比較してみるともっと還元率高いカードがあるよという話

特段意識せずにカード払いをしているだけで還元されるため、節約のための手間もないのが嬉しいですね。

ネット銀行を使って手数料を浮かす

会社で指定されているなどといった理由で、メガバンクや地銀をメインバンクとして使っている方は多いことでしょう。

以前は私もそうでしたが、週末や夜にお金が必要になって手数料を取られることがしょっちゅうあったんですよね。。

住信SBIネット銀行やソニー銀行、新生銀行といったネットを中心に展開している銀行を使うと、コンビニでの引き出しや月数回の振込手数料が無料となり、地味ながらじわじわと節約できます。

メガバンクや地銀からネット銀行に移行して、年間数千〜数万円節約しよう!

ほとんどのコンビニで引き出せてネットを使った振込などもしやすいので、利便性の点でもおすすめ。

私の銀行のおすすめは、ほとんどのコンビニで引き出せてセブン銀行なら何回でも無料、ローソンやファミマ等にあるE-netなら月5回まで無料。
他銀行への振り込みも月3回まで無料で自動振り込み設定までできる最強のネット銀行「住信SBIネット銀行」です。

iPhoneなどスマートフォン(携帯電話)の料金も安くなる

電話には通話料がかかるのが長年の常識でしたが、様々な機能やアプリの登場でそれは過去のものになりつつあります。

その「様々な機能やアプリ」にはどういうものがあるのか、どうやってそれらを活用すればよいか、解説したのが以下の記事。

【保存版】iPhone通話料金はもっと安くなる。そのための機能・アプリ・サービスまとめ

iPhoneとAndroidの月額料金を最低限に安く!データ通信料だけで通話&メールができるアプリまとめ

航空券やホテルなど、旅行時の出費は最低限に

旅行時の航空券やホテルは、予約する方法や会社によって大きく費用が変わってきます。
出費を最低限にするために調べておくべきサイトをまとめたのが、以下の記事。

海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)

国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧

海外旅行や家族旅行だと、ヘタすると数万〜十万以上変わってくるので、きっちりと調べておきたいところですね。
例えば海外旅行であれば、エクスペディアHotels.comスカイスキャナーあたりが特にオススメです。


国内でレンタカーを借りる場合は、地場のレンタカー会社であったり、地域限定キャンペーンで安くなっていないか確認するのが安くなるポイント。
10〜40%ほど安くなることも多いです。

旅行などの際、レンタカーを安く借りるために知っておきたいポイント

電気代は節電だけでなく、契約変更も有効

電気代の節約というと、なるべくエアコンなど家電製品を付けないようにとか、温度を控えめにするとかをパッと思いつくもの。

一方、多くの人が知らない方法として、電気料金の契約それ自体を変えてしまうことも可能です。
契約とは、携帯の料金プランみたいなものと考えるとわかりやすいでしょう。

月々の電気代を数百〜数千円安くするためのエントリーまとめ

私の場合、日中よりも夜中に消費する電力の割合が大きかったため、深夜に割安になるプランに変更することで電気代を節約できました。

本のまとめ買いでポイントやキャッシュバックをゲット

「1万円分のまとめ買い&自分のサイト/ブログを持っていること」という条件はありますが、本の購入時に15%のキャッシュバックを受けられる方法があります。

本を購入して、15%キャッシュバックを受ける方法

前述のクレジットカードの還元率と合わせると、17%ほど帰ってくる計算になりますね。

あとがき

1つでも目新しいものはあったでしょうか。

良さげなものがあればサクッと実践or便利なサイトをブックマークしておくなどして、節約できる仕組みを作ってしまいましょう!

⇒もっと 「節約」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック