2014年2月2日

Ureshino kihako yoshidaya 7

先日、嬉野温泉の旅館を訪れ、冬のイベント「あったかまつり」に参加したことを書きました。

帰りに寄れるところはないかと探していたところ、観光課の方におすすめされたのが2013年7月にオープンしたばかりというカフェ・雑貨店「KiHaKo(嬉箱)」。

なんでも老舗の「吉田屋」さんという旅館がその隣に作ったお店とのこと。


佐賀・長崎の県境付近の地域は、有田焼・波佐見焼・伊万里焼などが集積する全国でも有数の焼き物名産地。
やや年配の方向けなイメージのあるそういった焼き物がカラフルにオシャレに展示されていたり、その他の雑貨も充実。

地元産の食材を使ったイタリアンも食べられますし、嬉野温泉の宿泊前後に立ち寄る場所としてうってつけです!

外観からしてめちゃおしゃれ。隣には老舗旅館のコントラスト

KiHaKo 「嬉箱」 嬉野温泉 カフェ&雑貨 イタリアン Facebookページ

⇒ じゃらんでKiHaKo(吉田屋)を見てみる

⇒ 楽天トラベルでKiHaKo(吉田屋)を見てみる

落ち着いた日本の温泉街に突如現れる、北欧っぽさを醸し出す建物。
都会でもなかなか見かけないレベルのおしゃれさです。

Ureshino kihako yoshidaya 1

吉田屋のロゴがやたら先進的やなあ。

Ureshino kihako yoshidaya 2

お隣が「KiHaKo」を運営する創業88年の老舗旅館、吉田屋さん。

Ureshino kihako yoshidaya 6

隣を流れる嬉野川、奥には純日本風の旅館。面白い風景です。

Ureshino kihako yoshidaya 3

なぜか駐車場の奥にはヤギさんスペースも。

Ureshino kihako yoshidaya 4

なかなか難しい体勢しよるな。。。

Ureshino kihako yoshidaya 5

有田焼や波佐見焼など焼き物が、若い世代も手に取りやすくカラフルに展示

店内の様子。なにこれめっちゃええ雰囲気やん。

Ureshino kihako yoshidaya 7

特に目を引くのは、佐賀・長崎名産のカラフルな焼き物たち。

Ureshino kihako yoshidaya 8

焼き物というと、なんだか派手な模様が入っていたり、逆に土の色に近い渋い色のものを想像していました。
(個人的には「なんでも鑑定団」にご高齢の方が持って出てくるもの、というイメージ)

Ureshino kihako yoshidaya 9

ですがここの焼き物は、色とりどりで年代を選ばないおしゃれさ。

Ureshino kihako yoshidaya 10

今度食器を揃えるなら、こういうのがいいなあ。
贈り物にも良さげ。

Ureshino kihako yoshidaya 11

長崎凧の模様もありました。

Ureshino kihako yoshidaya 12

手ぬぐいやバッグ、嬉野美肌グッズなどその他の雑貨も充実

その他の雑貨も楽しいデザインのものが揃っています。
手ぬぐいも、焼き物と同様イメージを覆すラインナップ。

Ureshino kihako yoshidaya 13

手ぬぐい製のご祝儀袋なんてものも。数あるご祝儀の中でも目立つこと間違いなし。

Ureshino kihako yoshidaya 14

バッグや服なども置いてありました。

Ureshino kihako yoshidaya 15

招き猫のにぎにぎ

Ureshino kihako yoshidaya 16

何故かこけしグッズも。

Ureshino kihako yoshidaya 17

文庫本と一緒に並べられる花瓶。こういうアイデアいいですね。
使ってみたいけど、うちは自炊してしまってほとんど本がないので残念。。。

Ureshino kihako yoshidaya 18

嬉野温泉の美肌グッズなど、お土産に良さそうなものももちろんあります。

Ureshino kihako yoshidaya 19

地元食材のイタリアンランチ・ディナーも食べられるカフェスペースなど

ソファやテーブルでくつろげるこちらのスペースでは、地元の食材を使ったイタリアンのランチやディナーもいただけます。時間があれば行きたかったー。

Ureshino kihako yoshidaya 20

レジ横には手作りの嬉野温泉マップがあり、周辺のおすすめスポットがびっしりと書き込まれています。これを手に入れてから観光すると考えると、滞在初日に来た方が良さそうですね。

Ureshino kihako yoshidaya 21

吉田屋さんとの間には足湯Barという気になる場所も。
このKiHaKoと日帰り温泉や足湯をセットで立ち寄るのもいいかも。

Ureshino kihako yoshidaya 22

あとがき

都会にもおしゃれな雑貨店はたくさんありますが、このKiHaKoでは地元の名産品や観光情報などとうまく組み合わせた形になっているのが印象的でした。

特に若い世代の方は行って眺めるだけでも楽しい場所だと思うので、嬉野温泉に来る際にはぜひプランに組み込んでみてください!

KiHaKo 「嬉箱」 嬉野温泉 カフェ&雑貨 イタリアン Facebookページ

⇒ じゃらんでKiHaKo(吉田屋)を見てみる

⇒ 楽天トラベルでKiHaKo(吉田屋)を見てみる

嬉野温泉の関連記事は以下からどうぞ。

美肌の湯・嬉野温泉の冬イベント「あったかまつり」灯籠と街と人の雰囲気に癒される。

お茶が香る温泉旅館「和楽園」嬉野の名物、温泉・お茶・溶ける湯どうふを満喫してリラックスできる宿。

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼ フォローして更新情報をチェック! ▼

管理人

ブログ更新情報
管理人

ブログ更新情報
4137 follow us in feedly