2014年1月8日
ブロガー生活

Merit and demerit to live in local city title

ブロガーとして独立してから、ついに3年目に突入しました。ここまで何とか生きてこれたのは本当に幸運なことです。いつもありがとうございます。

これまで、ブログから主な収入を得るようになってからいろんなことがありました。

もちろん一口にブロガーといっても様々なタイプがいると思いますが、私がこれまで過ごしてきた中で良かったこと5つ、大変だったこと4つを今回は紹介してみようかと。

おそらく多くの人にとってよくわからないであろうその生態を、知るきっかけになればと思います。

ブロガーになって良かったこと5つ

① 人に興味を持ってもらいやすい

始めて会った人に「ブロガーやってます」というと、99.9%「え?」という反応が返ってきます。
(「へー、そうなんだ」で終わったことはたぶん一度もない)

普通の人にとっては意味のわからない職業(?)なので食いついてくれることが多い。

「どうやって収入を得るの?」「それで暮らしていけるの?」という2大定番質問に毎回答えなければですが、印象に残りやすいし初対面のとっかかりとして抜群の威力を発揮してくれます。

② 自由に時間を使える

会社員時代のように出勤時間もオフィスもないですし、いつ何をしようとほぼ自由。自己責任。

通勤ラッシュや休日の繁華街、レジャースポットなど混み合う場所も、友人と合わせる必要が無い限りは余裕を持って避けられます。

③ どんな場所でもネットさえあれば仕事できる

Web上が仕事場なので、ネットさえつながっていれば全国、世界のどこでもブログは書けます。

場所にとらわれず仕事ができるのは、ブロガーとしての大きな魅力の1つ。

④ どんなことでもネタ=仕事になる(経費になる)

特別ジャンルを絞ったブログではないので、購入した様々なガジェット、旅先での様々なことのうち、書きたいと思ったことは全て記事ネタ。

つまり、遊びと仕事が限りなく近い位置にあるということ。
また、記事から収益を得ているわけですから経費にもなります。

使ってみてイマイチだったものについては書いてないのですが、これもネタ集めの一貫だし経費にできないんかなあ。。

⑤ 日本中、世界中の思わぬ人とつながりが持てる

インターネットは言うまでもなく世界につながっているので、日本中、世界中の人と思わぬつながりが持てたりします。

地元や学校が同じだったり会社での知り合いにほぼ限られていた交友範囲が、今は日本全国に拡大。
北海道から沖縄まで、行くと相手をしてくれる友人がいるというのは嬉しいものです。
思わぬ仕事の依頼やコラボも増えてきました。

海外にも少しずつ知り合いができてきましたが、本当に世界中に広げようと思うなら英語でブログを始めるか、動画など言語に関係なく理解できるコンテンツが必要になるでしょうね。

ブロガーって大変だなぁ…と思うこと4つ

① 自分を律するのがなかなか難しい

「自由に時間を使える」というメリットがある反面、律するものが自分自身しかいないため、人によっては無為に怠惰な時間を過ごしてしまいがち。
一人暮らしであれば尚更のこと。(私です)

外に仕事場をつくる、同じ時間に起床・就寝することを習慣づけるなど工夫していかないと、生活がめちゃくちゃになってしまう場合もあります。

② 収入の浮き沈みが激しい

会社に依存しないということは、定期的な収入が途絶えるということ。

フリーランスはもちろんですし、アフィリエイト収入に頼るブロガーとなれば尚更です。
日々変わる収益をチェックしつつ、何らかの原因で急落したり急上昇したりに一喜一憂したり、調子がよくないときは対策を打ったり。

だいぶマシにはなってきましたが、収入面において気が休まらないというのはあるかもしれません。

③ Googleの気まぐれで容易に死ぬ可能性がある

ブログに限らずWebサイトには、検索、他サイトからのリンク、SNS、ブックマークやRSSといった流入ルートがあります。

その中でも、検索経由のアクセスがやはり割合として大きい。
裏を返せば、Googleから嫌われたら生きていけなくなるということです。

当ブログの場合、定期的に読んでくださる読者さんはある程度いるものの(現時点でFeedly購読者約3,500、Twitterフォロー約5,000、FBページいいね約2,700など)、それでも検索経由のアクセスが6〜7割といったところ。

ブラックなSEOやコンテンツのパクリなど怪しいことは一切やっていませんが、それでもアルゴリズム変更で無常にも切り捨てられる可能性がないとはいえません。

Webからの収入・集客で生きていくことは、Googleに生殺与奪の権利を握られているのとほぼ同義なのです。

④ 物を買ったり美味しいものを食べるたびに写真撮ったりするのがたまに面倒

ブログをずっと書いていると、どこに行っても、何を買っても、何を食べても「これはネタになるかな?」という視点で見るクセがついてきます。

ですが、たまには面倒くさいときも。
買ったものを早く使ってみたい、写真なんかいいから早く食べたい。でも撮影せずにはいられない悲しい性。
(食事の場合はあきらめることもよくあるけど)

基本的には楽しんでやってるのでいいのですが、たまにめんどくさくなって家にAmazonのダンボールが山積するときもあったりします。

あとがき

私自身は今のところ楽しくやれていますが、人には全く勧めないというのが正直なところです。
(もっとも、なりたいという人もそういないでしょうが……)

最初にも書きましたが、「ブログを通して収益を得る」といっても、自分の考えをしっかり主張して炎上も辞さないタイプ、セミナーの集客につなげるタイプ、日々のニュースをコメント付きでガンガン更新するタイプなど様々。

今回書いたことはあくまで「@ushigyuというブロガーの場合」。世の中にはそんな奴もいるのねーくらいに捉えていただければと思います。


なお、ブログの具体的なテクニックやコツなどについては、以前紹介した「プロブロガー本」や「ブログ飯」が詳しいです。

今からブログを始めるなら、独自ドメイン&ロリポップで月数百円から小さく始めるのがオススメ。
私が使っているWordPressもめちゃ簡単にインストールできます。

もしブログが大きくなってきたらsixcoreなどスペックの高いサーバーに移行するといいでしょう。



その他、関連記事は以下から。

⇒もっと 「ブロガー生活」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック