2013年11月4日
ScanSnap(スキャナー)

ScanSnap SV600がMac対応

その場に置いてスキャンができる、新しいタイプの家庭用スキャナー「ScanSnap SV600」。

いわゆる「非破壊自炊(裁断せずに本をスキャンし、データ化すること)」ができたり、名刺や書類なども置くだけでスキャン可能。

立体物や小さいものなど従来の吸い込み型スキャナーでは取り込めなかったものもSV600ならスキャンできます。


ただ、ネックだったのがSV600は最近までWindowsのみ対応で、Macでは使えなかったこと。
私はMacユーザーなので、Macに仮想ソフトVMWareを使ってWindowsをインストールしそこで動作させたりしていました。

ですがこの度、ついにScanSnap SV600がMacにも対応したとのこと。
早速Mac用アプリをインストールし、試してみました!

Mac用ScanSnap ManagerをDLし、インストール

まず、以下のページの要求フォームより申し込みをし、Mac用のソフトウェアをダウンロード、インストールしましょう。

ダウンロードページにはなんだかいろいろリンクがありますが、以下のScanSnap Managerだけ入れとけばとりあえずOKです。

Scansnap sv600 mac 5

インストールして起動したら、あとは案内にしたがっていきましょう。
以下の表示まで来たら、SV600を接続し電源をオン。

Scansnap sv600 mac 1

接続完了!

Scansnap sv600 mac 2

試しにMacとSV600でスキャンしてみる

試しに、Macに接続したScanSnap SV600で雑誌をスキャンしてみました。

Scansnap sv600 mac 3

補正機能など含め、全く問題なさそう。いいね!

Scansnap sv600 mac 4

あとがき

雑誌のクリップや名刺・レシート等の同時取り込みなど、今までのスキャナーではできなかった様々な用途が考えられそうなScanSnap SV600。

使いたくても使えなかったMacユーザーにとっては朗報ですね!

ScanSnap SV600関連記事は以下からどうぞ。

⇒もっと 「ScanSnap(スキャナー)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック