MacBook Proがリニューアル(Late 2013)。前モデルとスペックを比較してみた

Macbook pro renewal title
2013 Retina Macbook Pro / jtjdt

先日発表された、新しいMacBook Pro

外観や大きな機能変更などはなかったため地味な感じではありましたが、搭載CPUやGPU、価格などが細かく変更となっています。

私は携帯性重視でMacBook Airをいまのところは使い続けるつもりですが、Retinaディスプレイや性能重視だと気になっている方も多いのではないでしょうか。

購入を検討している方のためにわかりやすく表でまとめてみましたので、参考にどうぞ!


新MacBook Pro(Late 2013)と前モデルの比較表

まずは比較表をどうぞ。

名称 価格 ディスプレイ CPU メモリ ストレージ サイズ
(cm)
重量 グラフィック 電源
新MacBook Pro
13インチ
134,800 2560
×1600
(Retina)
2.4GHzデュアル
intel Core i5
4GB 128GB 1.8
×31.4
×21.9
1.57kg Intel Iris 9時間
154,800 8GB 256GB
184,800 2.6GHzデュアル
intel Core i5
512GB
前MacBook Pro
13インチ
148,800 2560
×1600
(Retina)
2.5GHzデュアル
intel Core i5
8GB 128GB 1.9
×31.4
×21.9
1.62kg Intel HD 4000 7時間
168,800 2.6GHzデュアル
intel Core i5
256GB
新MacBook Pro
15インチ
204,800 2880
×1800
(Retina)
2.0GHzクアッド
intel Core i7
8GB 256GB 1.8
×35.89
×24.71
2.02kg Intel Iris Pro 8時間
264,800 2.3GHzクアッド
intel Core i7
16GB 512GB Intel Iris Pro
+ NVIDIA GeForce
GT 750M
前MacBook Pro
15インチ
218,800 2880
×1800
(Retina)
2.4GHzクアッド
intel Core i7
8GB 256GB 1.8
×35.89
×24.71
2.02kg GeForce
GT650M
7時間
278,800 2.7GHzクアッド
intel Core i7
16GB 512GB

※念のため、Apple公式の情報をご確認ください

比較してみた感想など

一見13インチ15インチともに安価になったのかと思いきや、スペックを抑えてその分価格を下げているようですね。

例えば13インチの最安価格は148,800円から134,800円に下がっていますが、CPUのクロック数が2.5→2.4に、メモリが8GB→4GBにこちらも下がっています。
(GPUは旧に搭載のIntel HD 4000よりも新のIntel Irisの方が性能も良いらしい)

もちろんこれは基本構成の場合で、カスタマイズすれば以前と同等かそれ以上のスペックで注文も可能。

また、バッテリー時間も若干ですが長くなっているようです。


以下の記事によると、全体的な性能はあまり変わらない〜少しだけ向上、ですがGPU(グラフィック性能)はIntel Irisのおかげで大きく向上している模様。

ただ、13インチモデルに関してはファンがデュアルからシングルになり、静音性がダウンしているという指摘もあるようなのでご注意を。

あとがき

グラフィック関連の性能が今回は特に上がっているようなので、その恩恵を受ける方は買い替えもありかなという感じですね。

購入の際の参考にどうぞ!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら