2013年10月9日
交通手段比較

成田空港と東京都心の移動手段を比較
Narita International Airport Terminal 2 (NRT/RJAA) / Hyougushi

LCC(格安航空会社)の参入により、国際線のみならず国内線でも利用することが多くなった成田空港

ただ、多くの人が面倒に感じているのは成田から都心への移動でしょう。
私も毎回どう移動しようか考えつつ、結局京成線で適当に…という感じに落ち着いてしまっています。

ですが調べてみると、他にもバスなどいくつかの選択肢があるらしい。

というわけでどれが価格・所要時間といった面で使えそうなのか、比較してみました!
※なお、ほとんど使う人がいないと思われるタクシーやヘリコプターは除いています

比較表

わかりやすいよう、最初に比較表を載せておきたいと思います。

移動手段名 価格 所要時間 行き先
京成スカイライナー 2,400円
(上野・日暮里)
36分
(日暮里)
上野、日暮里
京成スカイアクセス特急 1,280円
(日本橋)
58分
(日本橋)
品川、日本橋、浅草、上野など
京成本線特急 1,100円
(日本橋)
70分
(日本橋)
品川、日本橋、浅草、上野など
成田エクスプレス 2,940円
(東京)
59分
(東京)
品川、東京、渋谷、新宿、池袋、横浜、八王子、大宮など
快速エアポート成田 1,280円
(東京)
90分
(東京)
品川、東京、横浜など
京成高速バス
(東京シャトル)
900円
(東京)
約1時間 東京
THEアクセス成田
(高速バス)
1,000円
(東京・銀座)
約1時間 東京、銀座



では、以下より1つずつ見ていきましょう。

京成スカイライナー

京成電鉄の成田空港アクセス | スカイライナー成田空港アクセス | 京成電鉄

▼価格

2,400円(全席指定、上野・日暮里まで)

▼行き先

上野、日暮里

▼所要時間

36分(最短、日暮里⇔成田空港間)

▼特徴

◯ 都心⇔成田空港間で最速の交通手段
◯ 全席指定のため必ず座れて快適
× 普通の特急の倍の価格

京成スカイアクセス特急

京成電鉄の成田空港アクセス | スカイライナー成田空港アクセス | 京成電鉄

▼価格

1,280円(日本橋まで)

▼行き先

品川、日本橋、浅草、上野、日暮里など

▼所要時間

58分(日本橋⇔成田空港間)

▼特徴

◯ スカイライナーに比べると半額近く
◯ 浅草線方面に直通のため、そちらに用事のある場合使い勝手良し。横浜にも行きやすい
△ 都心までは1時間程度
× 普通の車両のため、座れない場合もあるし荷物も置きづらい

京成本線特急

京成電鉄の成田空港アクセス | スカイライナー成田空港アクセス | 京成電鉄

▼価格

1,100円(日本橋まで)

▼行き先

品川、日本橋、浅草、上野、日暮里など

▼所要時間

70分(日本橋⇔成田空港間)

▼特徴

◯ 比較的本数が多い
◯ スカイライナーの半額以下
◯ 浅草線方面に直通のため、そちらに用事のある場合使い勝手良し。横浜にも行きやすい
× 都心まで1時間以上
× 普通の車両のため、座れない場合もあるし荷物も置きづらい

成田エクスプレス

JR東日本:成田エクスプレス

▼価格

2,940円(東京駅⇔成田空港間)

▼行き先

東京・品川・渋谷・新宿・池袋・大宮・横浜・八王子・武蔵小杉など

▼所要時間

59分(東京駅⇔成田空港間)

▼特徴

◯ 品川・渋谷・新宿・池袋などなど首都圏の主要場所に直接アクセスできる
◯ 新型車両でゆったり快適、設備充実
× さほど速いわけではない上に料金も高い

快速エアポート成田

▼価格

1,280円(東京駅⇔成田空港間)

▼行き先

東京、品川、横浜など

▼所要時間

約90分(東京駅⇔成田空港間)

▼特徴

◯ 横浜方面に直通
× 東京駅まで1時間半かかる
× 普通の車両のため、座れない場合もあるし荷物も置きづらい
× 所要時間や快適性のわりに、特に安いわけでもない(コスパいまいち)

京成高速バス・東京シャトル

京成高速バス 東京駅~成田空港900円(東京シャトル)

▼価格

900円(東京駅⇔成田空港間)

▼行き先

東京駅

▼所要時間

約1時間

▼特徴

◯ たった900円の安さ
◯ アクセスのいい東京駅へ成田空港から直行できる
◯ 深夜も走っているので始発便を利用する際に便利
△ スカイライナーほどではないが、在来線よりは楽
× 渋滞の影響を受け遅れる可能性がある

THEアクセス成田(高速バス)

東京・銀座~成田空港 ラクラク安心1,000円高速バス THEアクセス成田

▼価格

1,000円(東京・銀座⇔成田空港間)

▼行き先

東京駅、銀座駅

▼所要時間

約1時間

▼特徴

◯ 1,000円ポッキリと安い
◯ 東京・銀座といった都心のなかでも中心部に直接行ける
◯ トイレ付き、ゆったりシート、予約不要
△ スカイライナーほどではないが、在来線よりは楽
× 渋滞の影響を受け遅れる可能性がある

あとがき

ここまで調べて書いてみて、個人的にはバスが意外と良さそうだと感じました。

もちろん渋滞によるリスクはありますが余裕を持って出れば問題ないし、早く着いても楽天プレミアムカードでラウンジ使えるので問題なし。
安いし座れますしね。

今まで何も考えず路線検索して京成線に乗っていたのですが、次回はバス利用で行ってみたいと思います。

この記事を参考に、自分の用途に合わせて選んでみてください!


関連記事は以下から。旅行を安く済ませたい人は必読です。

国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧

海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)

⇒もっと 「交通手段比較」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック