2013年9月30日
生活の知恵

東京で宿泊費を安く抑えるなら南千住
Packed train 3, Minami-Senju / diff_sky

東京に長期滞在となると、ビジネスホテルを借りるかウィークリーマンションか、といったところが候補になると思います。

しかし、やはりある程度の金額にはなってしまうのが現実。

例えば私は今回16日間東京に滞在したのですが、ちょっと安めで1泊5,000円のビジネスホテルを探したとしても8万円。
ウィークリーマンションでも、清掃費などを含めるとそれと同じかそれ以上の値段になってしまうところがほとんど。


そこで、私は就活中にもお世話になった南千住のリーズナブルな宿に泊まることに。

探せば1泊2,000円台からあって節約できますし、すぐに上野に出られるので交通の便も悪くない。

ドヤ街なので路上生活者・日雇い労働者のおじさんがたくさんいますが、特別に犯罪が多く危ないということもそれほどありません。

東京滞在を安く済ませたい方には候補としてありだと思いますよ!

南千住ってどんなところ?

南千住駅の南側のあたりは「山谷」と呼ばれる地域で、日雇い労働者が多く住む東京最大のドヤ街として知られています。
「ドヤ」とは宿の逆さ読みで、簡易宿泊所のことを差す言葉。
(参考:山谷 (東京都) – Wikipedia

そうなると治安が悪いのでは・・・と心配になりますが、例えば大阪のあいりん地区のように犯罪率が特別に高いということもないようです。

(参考:犯罪情報マップねたたま : 東京23区犯罪件数ランキング(今日のランダム画像) – ライブドアブログ。南千住の付近は台東区・荒川区に属する)

実際、若干ふらふらしたおじさまとすれ違ったり路上で寝ていたりということはあれど、絡まれたり危険そうな場所や場面を目撃したりということは16日間で1度もありませんでした。
※もちろん犯罪がないわけではないので、念のため十分に注意はしてください


それで、街には以下のような安い宿泊施設がたくさん。

Minami senju 1

Minami senju 2

あとはコンビニ、スーパー、ちょっと地元のおじさんばかりで入りづらい感じの飲み屋や定食屋がぽつぽつと。

「あしたのジョー」の舞台、泪橋がある場所でもあります。

Minami senju 3

以前書いたうなぎの名店「尾花」も南千住のお店です。

[グルメ]ふっくらとろける絶品の鰻が食べられる名店「尾花」in 東京・南千住

泊まったことのある、オススメできるホテル3つ

ふらっと行ってその辺の宿泊施設に…というのもハードルの高い話ですよね。

というわけで、私が泊まったことがありオススメできるホテルを3つ挙げてみます。
※なお、この付近の宿はトイレ・風呂が共同、シャワーは鍵のかかるブース、部屋は3畳ほどというのがほとんど。Wi-Fi設備が整っているところが多く、以下3つは全てWi-Fi完備です

▼ カンガルーホテル

kangaroohotel

⇒ Booking.comでチェックする

⇒ 楽天トラベルでチェックする

⇒ じゃらんでチェックする

1泊3,000円ほどで、コンクリート打ちっ放しのおしゃれなホテル。
東京をより安く楽しんでもらおうと作られたホテルだそうです。

Minami senju 4

部屋は3階までありますが、エレベーターがないので注意。
1Fにコインランドリーやシャワー、各階のレンジやトイレ、洗面所などがあります。

Minami senju 5

部屋の様子。狭いですがこの辺りの宿はどこもこんなもの。
新しい建物なのか、おしゃれな上に綺麗です。

Minami senju 6

Minami senju 7

街自体外国人バックパッカーが多いのですが、このホテルでは特に多く見かける印象でした。

▼ エコノミーホテルほていや

エコノミーホテル ほていや

⇒ Booking.comでチェックする

⇒ 楽天トラベルでチェックする

今回私が2週間ほど泊まったところです。

カンガルーホテルほど新しくおしゃれではないですが、1泊2,700円と安くシャワーやコインランドリー、電子レンジなど設備も必要十分。

Minami senju 8

Minami senju 9

冷房がちょっと年季ものっぽい。

Minami senju 10

たまーに仙人みたいな長期滞在者とすれ違うのがちょっと驚きますが(結構臭いもする)、寝起きやちょっとした作業するくらいであれば問題ありません。
今回挙げた3つの中では、最もドヤ街らしいといえばドヤ街らしい宿泊施設といえるかと思います。

▼ ビジネスホテル福千

ビジネスホテル 福千

⇒ 楽天トラベルでチェックする

ここに泊まったのは就活をしていた8年ほど前のことですが、とても綺麗で駅からも近く重宝したのを覚えてます。

宿泊費は2,800〜3,200円ほど。

門限(23:00)があるのに注意が必要です。

あとがき

上記以外にも宿はたくさんあるので、サイトなどを探して予約するなり、チャレンジャーな方は当日歩いて探してみてもいいかもしれませんね。

個人的には安く泊まるなら安く、豪華にいくならガッツリ豪華にいきたいタイプなので、前者の場合にはこういったコストパフォーマンスのいいホテルがありがたい。

東京に安く長期滞在したい場合などに、参考にしてください!

⇒もっと 「生活の知恵」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック