2013年9月26日
iPhone情報

iPhone 5sと4Sをベンチマークスコアで性能比較

新しくA7チップを搭載し、格段に性能がアップしたといわれているiPhone 5s

動作は今のところサクサクで不満はないのですが、実際のところ性能はどのくらい上がっているのでしょうか?

1つの目安としてベンチマークソフトを使い、以前使っていたiPhone 4S、ついでにiPod touch第5世代とも性能比較してみました。

2〜3倍くらいのスコアが出るかなと思っていたら、予想以上の差に驚き・・・!

まず、iPhone 4Sのベンチマークスコアを測定

まず、iPhone 4Sのベンチマークを測定してみます。

使用したのは「Geekbench 3」というベンチマークの定番アプリ。

Geekbench 3
ユーティリティ
¥85


App

このアプリを起動すると、最初にシステム情報が表示されます。

iPhone 4SはA5チップに約500MBのメモリ。
iOSは6のままにしてあります。

Iphone 5s 4s ipodtouch benchmark 1

で、測定結果が以下。これが基準となるスコアなので覚えておいてください。

Iphone 5s 4s ipodtouch benchmark 2

iPhone 5sのスコアは?

では、iPhone 5sはどうなっているのでしょうか?

まずはスペックから。
A7チップのCPUは「ARM」と表示されています。メモリは1GB。
モデルがiPhone6,1となっているけど、本当のiPhone 6が出たらどうすんだろ。

Iphone 5s 4s ipodtouch benchmark 3

スコア測定結果が以下。
・・・え、測り間違いじゃないよね?

Iphone 5s 4s ipodtouch benchmark 4

4S、5sともに何度か測定しましたが、ほとんど同じ結果。
5sが4Sの約6倍ものベンチマークスコアを叩き出すという結果となりました。
こんなに差があるのか・・・!

なお、iPhone 5のスコア(Multi-Core)は約1,300とのことなので、5sはその1.5〜2倍くらいの性能ということになりますね。
(参考:Popular Cross-Platform Benchmark Tool Geekbench Hits 3.0 » TekRevue

おまけでiPod touch 5th gen

おまけで手持ちのiPod touch 第5世代も測ってみました。

スペックはiPhone 4Sとほぼ同じ。

Iphone 5s 4s ipodtouch benchmark 5

というわけで、スコアも4Sとほぼ同じでした。

Iphone 5s 4s ipodtouch benchmark 6

あとがき

これだけで一概に比較はできませんが、iPhone 5sは少なくともベンチマーク上ではかなりの進化を遂げているようです。

実際使っていても、今までもたついていたアプリ起動や文字入力などがスムーズに動いて快適。

逆に、4Sや5でiOS 7を動かそうとすると若干遅くなるのは避けられないのかもしれません。。

購入検討時の参考にどうぞ!

⇒ ソフトバンクオンラインショップでiPhone 5sを見てみる

⇒もっと 「iPhone情報」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック