2013年9月4日
ジョジョ製品

Jojo allstarbattle review title

ついに発売された、ジョジョファン待望のゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(ASB)」。

私は運良く限定版の黄金体験BOXを手に入れることができ、その特典フィギュア等のレビューは先日記事にした通りです。

で、5日間ほどストーリー、キャンペーン、対人対戦などいろいろ遊んでみました。

Amazonレビュー等一部には酷評されているようですが、身の回りのジョジョ好きにはほとんど良い評判ばかりと評価が二分しているこのゲーム。

ブログタイトルをジョジョから取るくらいにはジョジョ好き、格ゲーはストⅡとかカプコン製の前作ジョジョ格ゲーをやったことある程度の私がレビューしてみたいと思います。

対戦が熱い!ジョジョ好き同士なら盛り上がること間違いなし

やっぱり何よりも熱いのは、対人対戦。ジョジョ好き同士でやると特にめっちゃ燃えます。マジで。
ガチで闘うも良し、名場面の再現を狙うも良し。

ゲームバランスがどうとか、当たり判定小さいキャラとか馬とか反則だろという声もあるようですが、逆にそれをやらないとジョジョゲーとして成立しなくなってしまうことは原作ファンならわかるでしょう。個人的には全く問題なし。
(なお、永久コンボなど著しくバランスを壊すものに関してはアップデートされる予定とのこと)


そしてキャラが喋るしゃべる。そして対戦カードによって思わずニヤリとするようなセリフになります。
露伴vs仗助なら、当然髪型をバカにするセリフが入りますし・・・

Jojo allstarbattle review 1

様々な技、特に超必殺技(ゲーム中ではHHA(ハートヒートアタック)、GHA(グレートヒートアタック))を決めた時の演出は思わず見入ってしまいます。

Jojo allstarbattle review 2

Jojo allstarbattle review 3

ちなみに個人的お気に入り演出は川尻浩作のバイツァ・ダスト。

あと、挑発では「ワムウッ!」を相手にされたときの腹立たしさが半端ないですw


勝利時のセリフも声入り。
声優のチョイスも違和感ありません。(第1部・第2部はアニメと同じ声優さんです)

Jojo allstarbattle review 4

Jojo allstarbattle review 5

個人的に一番お気に入りのボイスは、ヴァレンタイン大統領の「どジャアァァ〜〜〜ん(棒)」。
これ最高。


各ステージでシチュエーション・フィニッシュというのがあり、条件を満たすと名場面の再現をしたり、貯水塔に突っ込んで息絶えるワムウなんてこともできたり。

Jojo allstarbattle review 6

先日福岡・大名にあるawabar 4th fukuoka(アワバー・フォース 福岡)でこのゲームを遊ぶ会に参加してきたのですが、対戦はやっぱり盛り上がる。
派手な技が決まるたびに歓声が上がっていました。

Jojo allstarbattle review 20

他にも、ポーズ・技・倒れ方に至るまで原作の再現っぷりがはんぱない。
(例えば、シーザーが吹っ飛ばされずにやられると血のシャボン出したりとか)

「この立ち方は◯◯巻の表紙のやつや!」とか探してみるのもまた一興。

対戦未登場キャラも含めてしゃべりまくり

今回残念ながら対戦に登場しなかったキャラクターも、メニューでこれでもかと出てきてしゃべります。

「僕の名前はエンポリオです」

Jojo allstarbattle review 7

根堀り葉掘りの人や!

Jojo allstarbattle review 8

ワンチェンまで!マニアックやなw

Jojo allstarbattle review 9

他にもアバッキオ、杉本鈴美などなど様々なキャラクターが出てくるので、お気に入りのキャラを探すのも楽しい。

ストーリーモード

ストーリーモードは、第1部〜第7部を選んで原作に沿った対戦をしていき、勝利すれば敵キャラが使用可能になるというもの。

Jojo allstarbattle review 10

各話にゲージ回復・減少、相手や自分のスタンドが成長した状態で始まるなどのルールがあります。

Jojo allstarbattle review 11

ストーリーで勝利したりすると得られるゴールドで、サポート効果を購入することも可能。

Jojo allstarbattle review 13

対戦の合間は以下の様な感じで字幕で超はしょったストーリーが流れます。
各部に一番最初と最後だけアニメと同じ声の方のナレーション入り。

Jojo allstarbattle review 12

ストーリーといっても原作をしっかり追うととんでもないボリュームになってしまうので、読んでも原作を知らないと全然わからないと思います。
それに登場するキャラも限られているので、例えば第6部だとプッチ3連戦のみだったり。
(エルメェスはいるのに対戦した敵がいないので出番なし。。。)

ここは敵キャラ出し&操作の練習、および原作のフィニッシュ再現にチャレンジに活用するくらいにしておくのが良いかと。

キャンペーンモード

個人的によくわからなかったのがこのキャンペーンモード。

「探索」をするとボス(登場キャラの誰か)が出てきて対戦し、勝つとコスチュームやボイスなどが手に入るというものなのですが、一度勝利してもヒットポイント(対戦時のHPゲージとは別)が若干減るだけで、完全に倒すには何度も同じボスと戦う必要があります。

vsCOMの対戦はワンパターンになりがちなので、それを何度も同じキャラとやらされるというのは作業感が否めない。
コスチュームもしっかり揃えたいという人はそれでもやるでしょうが、私は正直ちょっと手を付けられないなあと思いました。

#追記

時間により回復するエネルギーを消費してアイテム(サポートのスタンド)を使えば、である程度までのボスなら一度倒せばOKらしいです。

Jojo allstarbattle review 15

ただ、ボスのHPを減らしたりなどのサポートにいろんなキャラが出てくるのはちょっと嬉しいです。

F・Fのプランクトン弾!

Jojo allstarbattle review 16

我がナチスの科学力はァァァァァァァァアアア
世界一ィィィイイイイ

Jojo allstarbattle review 17

しかしキャンペーンのポイントを貯めるともらえるボーナス、上位の方は高額や・・・。
できるわけがないッ!

Jojo allstarbattle review 18

ギャラリー、コスチュームなど追加要素

前述のストーリーやキャンペーンモード、及びそこで貯まったゴールドを使って、様々な3Dアートやボイスなどが手に入ります。

Jojo allstarbattle review 14

片っ端から全部集めるのはさすがに骨が折れそうですが、例えば自分の好きなキャラや部に絞って集めるなんてのはいいかも。

Jojo allstarbattle review 21

総評・あとがき

いろいろと書いてきましたが、私の結論としては

「一人用のモードなどちょっとどうかという面も無くはないが、キャラや技の再現度や演出など現時点で最高峰のジョジョゲーなのは間違いない。ジョジョファンなら買って損なし!」

というもの。

特にジョジョ好き同士で対戦するならこれ以上なく楽しめると思います。

逆に、ジョジョを忠実に再現したがために各キャラに個性がありすぎるので、バランスを重視する格ゲーマニアのような方にはあまり勧められないかも。


というわけで、ジョジョファンで対戦相手がいる方には特にオススメ。

私は使ってみて気に入った第1部ディオ・ブランドーと大統領をやり込んでみたいと思います!

⇒もっと 「ジョジョ製品」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック