2013年8月23日
WordPress・ブログ更新

Replace affiliate code from linkshare to phg wordpress title
App Store / Cristiano Betta

先日、iOSアプリを紹介しているブログには衝撃的なニュースがありました。
リンクシェアでのiTunes Storeのアフィリエイトが10/1までで終わり、PHGという会社に完全に移るとのことなのです。

このPHGという会社では既にiTunesアフィリエイトを始めていて既に申込みも可能ですが、問題は既存のリンクの置換。

私もそれなりにアプリ紹介記事を書いており、さすがに1個1個貼り替えはキツイよな・・・と思っていました。


ですが、リンクシェアとPHGのリンクURLをよく見てみると法則性があり、何ステップかに分けて置換すればいけそうなことがわかってきました。
実際私のブログでは実行し、PHG側でデータが取れているところを見るとうまくいったようです。

今回はその方法についてご紹介。

URLを見比べて分析してみる

まず、同じアプリ紹介のリンクURLを見比べてみます。
上がリンクシェア、下がPHG。

Replace affiliate code from linkshare to phg wordpress 1

これだけだと「全然違うやん!どうしたらええねん!」と思うかもしれませんが、もう少しよく見てみましょう。
わかりやすく色をつけてみます。

Replace affiliate code from linkshare to phg wordpress 2

まず、赤枠の部分。
これはリンクシェアのURLを経由してiTunesに飛ばすためのものなので、PHGに移行する場合には不要になります。どのアプリ紹介でもこの部分は基本的に同じなので、一括して削除すればOK。


次に、青枠部分。一見まったく違うように見えますが、「%253A」などの文字列はただURLエンコードをしているだけなので、それを元の記号に戻す、例えば%253A→:(コロン)などと置換すればよい。

そうすると、実質2つのURLで異なっているのはオレンジで線を引いた部分のみ。
ここを「partnerId=30(おそらくリンクシェアのID)」から「at=◯◯(自分のPHGアフィリエイト・トークン)」に置き換えるだけです。


以上の違いをWordPressプラグインを使って置換していけば、1個1個貼り替えるなんてアホらしいことをせずに既存リンクを修正できます。

利用するのはSearch Regexというプラグイン。まずはこれをインストールしておきましょう。使い方等は以下から。

では、さっそく具体的な手順・・・に入る前に注意点を。

注意点4つ

・一括置換は、ミスると必要な部分まで置換されてしまい、元にも戻せない・・・なんてことになりかねません。必ずバックアップを取り、慎重に。自己責任でお願いいたします。

・リンクシェアは10/1まで、つまりまだ1ヶ月以上あるわけで(8/22現在)、あせらず直前までより簡単、確実な置換方法が出てくるのを待つ選択もありかと。

・この置換で使うSearch Regexというプラグイン、私の場合は件数が多すぎると(3,000件以上くらい?)うまく動きませんでした。

そういった場合は、周りの文字列と一緒に検索して件数を減らしてやっていくと良いかと思います。

例えば「%252F」→「/(スラッシュ)」に置換する件数が多すぎる場合は、URLの一部を切り取って「%252Fjp」→「/jp」という置換にすると、件数が抑えられます。

(これ以上の絞り方はちょっと私は実践していませんが、アプリを主力で紹介しているサイトだとこれだけでは絞り切れないかもしれません。。。)

・以下に紹介する方法で9割8分は置換できたのですが、十数件残ってしまいました。どうやら以下の記事にもある通り「使うツール、アプリの種類、時期などによって、生成したアフィリエイトURLが変化する」らしい。
具体的に言うと、だいぶ昔につくったリンクはちょっとURLが違ったりとか。

その場合は別の法則を見つけ出す必要があると思いますが、置換するURLが変わるだけで基本的な考え方は同じでいけるはずです。

iTunesアフィリエイトコードをリンクシェアからPHGに置換する3ステップ

① リンクシェアのURLを一括削除

まず、リンクシェアのURLを削除します。

方法としては、前述の赤枠部分にあたるURLで検索(Search)し、アプリ紹介リンクが引っかかることを確かめてから、それを置換・保存(Replace&Save)するのがよいでしょう。

Replace affiliate code from linkshare to phg wordpress 3

削除と言っていますが、実際には空白と置換ですね。

なお、赤枠部分のURLはユーザーによってIDが異なるので、適宜自分のURLを確認してから行ってください。

② URLエンコードを置換

%から始まるエンコード後の文字列を、元の記号に置換します。検索・置換の方法は①と同じ。

対応表は以下の通りです。

  • %253A → :
  • %252F → /
  • %253F → ?
  • %253D → =
  • %2526 → &

以下の記事を参考にしました。有用な記事に感謝!

③ partnerIdを自分のアフィリエイトトークンに置換

最後に、オレンジ線の部分「partnerId=△△」を、自分のPHGアフィリエイトトークン「at=◯◯」に置換。


以上で完了です。

注意点の4つ目で述べた通りアプリ紹介の種類や時期によってURLが変わる場合もあるらしいので、「http://click.linksynergy.com/」で検索して置換漏れがないか確認するとよいでしょう。

追記

アプリ開発者のラクイシさんが、なんとLinkshareのURLを自動でPHGに変換してくれるWordPressプラグインを作ってくれたようです。
現時点(2013/8/25)で、WordPressユーザーはこれが一番楽な選択肢だと思います!

あとがき

重ねて言いますが、置換をミスってしまうなどリスクはあるのでバックアップをとって慎重に行ってください。

ともかく、これで1つ1つ貼り替えにならなくて済んでホッとしました。

WordPressや一括置換ができるブログサービスで、同じように困っていたという方は検討してみてください!

⇒もっと 「WordPress・ブログ更新」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック