2013年8月7日
東北

Kabushima 10

先日、始めて上陸した青森県

青森在住の@tomozo_1975さん(ブログ:「75BASE」)に案内していただき、やってきたのが八戸市の「蕪島(かぶしま)」というところ。

なんでもウミネコ(カモメの仲間)の繁殖地として天然記念物に紹介されている場所とのこと。

実際に訪れてみると、そのウミネコっぷりたるや半端ない。
海を臨んでずらっと並び、ミャアミャアと鳴くおびただしい数のウミネコは間違いなく今まで見たことのない光景でした。

青森に旅行するなら、ここは行っておくべき場所でしょう!

ウミネコが占拠する島「蕪島」

ここが蕪島です。鳥居をくぐり上っていくと、蕪嶋神社。
元々はその名の通り島だったらしいのですが、70年ほど前に埋め立てられて陸続きになったらしい。

Kabushima 1

場所は青森県第2の都市、八戸市の海沿い。東日本大震災で大きな被害を受けたところでもあります。


大きな地図で見る

到着するやいなや、多くのウミネコが迎えてくれます。うへー。

Kabushima 2

止まっていたホテルの送迎バスにもウミネコ。

Kabushima 3

鉄製の柵(?)にもウミネコらしきものが。

Kabushima 4

すぐ近くに海があるのですが、その付近にもずらりとウミネコ。
まさにウミネコが占拠している島ですな・・・。

Kabushima 5

ちょっと近づいてみた。

神社の周りにも、ズラリと編隊を組むウミネコたち

鳥居をくぐって神社に上ってみます。

Kabushima 6

もちろん、両サイドは守り神のように一定間隔で佇むウミネコが固めています。

Kabushima 7

Kabushima 8

構内にはちょっとした休憩所。(ウミネコの)

Kabushima 9

周りには海を臨むウミネコ部隊が。なんだかカッコイイぞ・・・!

Kabushima 10

尻上げ!

Kabushima 11

バックショット!

Kabushima 12

こっちみんな!

Kabushima 13

やっぱり近づいてみました。
人に相当慣れているので、本当に触れるくらい近づかない限り逃げないんですよね。




海を背にする2羽。りりしい。

Kabushima 14

茶色いのは違う種類なのかな…?と思ったら、後で調べたところウミネコの幼鳥らしい。
色が全然違うし、大きさは成鳥と同じくらいやからわからんかった…!
どういう色の変化であの鮮やかな白になるのか、見てみたいもんです。

Kabushima 15

とか撮ってたらまた見られてた!

Kabushima 16

この日は土曜日だったのですが、偶然にも新郎新婦(たぶん)に遭遇しました。ここで結婚式を挙げる夫婦もいるんですねー。
たくさんのウミネコにも祝われて、末永くお幸せに!

Kabushima 17

神社の守り神ももちろんこいつでした。

Kabushima 18

最後は神社境内にたむろするウミネコのまさに猫っぽい鳴き声(※音量注意)でお別れしましょう。ありがとうございました。

あとがき

私が訪れたのは8月初旬だったのですが、この時期はそろそろウミネコ達がこの島を離れる時期らしい。

一番ウミネコが多いのは繁殖期の4〜6月とのことなので、この時期に行くともっとすごい乱舞が見られるようです。

そのときはフン爆弾に遭う確率もかなり高いらしいので、(現地に傘は若干置いてあるものの)気をつけた方がいいですね。でも行ってみたい!

東北に旅行する際には、ぜひ訪れてみてください。圧巻ですよ!

⇒もっと 「東北」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック