2013年7月13日
地方ネタ

Ishigando 1

沖縄・宮古島に行ったときに、道が交差する曲がり角などのポイントでよく見かけた「石敢當」と書かれた石碑が気になっていました。

私の地元・長崎や現住所の福岡、あるいは他の地域では見かけた覚えがなかったのですが、宮古島に来てからやたらと目に付くのです。

というわけで、この文字はどう読んで、何の意味があるのか?調べてみました。

私が見かけたのは、以下のような文字。
どうも、道が交差している場所に意識して書かれてある感じでした。

Ishigando 1

形は様々で、しっかりと表札のような土台に書いてあるのもあれば、壁に直接書いたようなものも。

Ishigando 2

こちらもやっぱり交差点ですね。

Ishigando 3

検索して調べてみると・・・

元は中国伝来の風習で、福建省が発祥とされている。
(中略)
日本では、沖縄本島を中心に、周辺諸島に数多く点在している。また、薩南諸島・奄美群島を含め、鹿児島県にもかなり存在する。沖縄県、鹿児島県以外の日本全国にも分布するがその数は少ない。
(中略)
沖縄県では「いしがんどう」、「いしがんとう」と呼ばれ、鹿児島県では「せっかんとう」と呼ばれることが多い。
(中略)
市中を徘徊する魔物「マジムン」は直進する性質を持つため、丁字路や三叉路などの突き当たりにぶつかると向かいの家に入ってきてしまうと信じられている。そのため、丁字路や三叉路などの突き当たりに石敢當を設け、魔物の侵入を防ぐ魔よけとする。魔物は石敢當に当たると砕け散るとされる。
石敢當 – Wikipediaより)

とのこと。

・読み方は「いしがんどう(いしがんとう、せっかんとう)」で、沖縄県を中心に分布
・元々は中国が由来の魔除けで、交差点など道が交差する場所の突き当りに設置される

ということなんですね。


沖縄本島では車移動が多いせいか、見かけた覚えがなかったですが…次回行くときには注意して見ておこうと思います。

1つ勉強になりました!

宮古島の海めっちゃ綺麗。シュノーケリングで熱帯魚と触れ合うの最高すぎた。

⇒もっと 「地方ネタ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック