2013年6月27日
Kindle本

Survival way of travel title

今、高城剛さんが書いた「サバイバル地球旅行術」という本をKindleで読んでいます。

高城剛さんといえば、一般的には「沢尻エリカの夫」や「ハイパーメディアクリエイター」といったある意味イロモノ的なことで名が知れてしまった面もありますが、実際に動画や文章を見るとかなり面白い人だなーと個人的には思います。
(食生活など、一部極端な面はありますが)

その海外を転々とする生活を送る高城氏が、海外と日本のガイドブックの違いや海外での生活、旅行に役立つ情報源やグッズなどを紹介しているのが本書。

最近旅に出ることが多い私にとっても、役立つ情報が満載で面白いです!

日本の旅行ガイドはおかしい?

筆者によると、日本の旅行ガイドは紙面の割き方がおかしいとのこと。

例として、バルセロナについてのガイドブック比較が紹介されています。


筆者が重要視しているのは、バルセロナがスペイン語ではなくカタルーニャ語が公用語のスペインの自治州であること、及び「時間感覚」の違いです。

前者は現地での地図等の違いに現れ、スペイン語のみを主に紹介する日本のガイドブックを見ていたら最悪わからない場合もあるとのこと。
後者に関しては現地では全てが日本に比べ遅く、日本のガイドのモデルケースを実際に歩いてもその通りいくことはかなり難しいらしい。

また、世界でも有名な見どころの多い観光地「サンジョセップ市場」「イビサ島」といった場所が、日本のガイドではあまり紹介されていないことについても、疑問を投げかけていました。


実際にバルセロナを知らないので真偽は判断できませんが、何度も現地を訪れている筆者がそう言っているということは、それなりの理由があるのでしょう。

英語という難点はありますが、海外旅行の際には海外のガイドブックも確認しておくと良さそうです。

旅に役立つグッズやTipsが満載で面白い!

SIMフリー版iPhoneの重要性、使える/使えないクレジットカード、持ち歩いておくと便利なアイテムなど、旅行好きにとっては役立つ情報がたくさん載ってます。

中には、旅先でのトレーニングや長期滞在時の食生活、さらにはホメオパシーなんていう聞き慣れないマニアックなものまで。

「サバイバル」と銘打つくらいなので、そこまではいらないだろというものも含まれますが、ここで紹介されているグッズから自分の旅行に必要そうなものを取捨選択していけば、普通のガイドブックを見て準備するよりもよほど役に立ちそうです。

なにしろ、1年のうち多くの時間を海外で過ごす筆者が勧めるくらいですから。

あとがき

海外旅行が好きな人にとっては、読んで損はない本だと思います。価格も安い(250円)ですしね。

Kindle版の他、iPhone・iPad版もあるようなので、興味のある方はお好きな方をどうぞ。

「進撃の巨人」が人気で売り切れ店もあるらしいけど、Kindleなら速攻買えてちょっと安い

⇒もっと 「Kindle本」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック