2013年6月26日
iPhoneアプリ

Uber 2

先日のアメリカ遠征で大活躍したのが、「Uber」というサービス。

アプリでタクシーが呼べるというものなのですが、そのUIやシステムの完成度が半端ない。

地図上で近くにいる配車可能な車の位置がわかったり、事前にカードを登録しておくことで車内では一切お金のやりとりをする必要がなかったり。
デザインも秀逸です。

現在はアメリカのみのサービスですが、ぜひ日本にも来てほしい便利さでした!
※日本でも東京の一部にて利用が開始されています!

まずはUberに登録。クレジットカード読み込みがすごい!

初回は登録が必要。Webでも登録できます。

Uber 1

アプリ上でクレジットカードを入力しようとすると、以下のようにカメラが起動。
お、カードを撮ればいいのかな?

Uber 5

ちょうどよく枠の中にカードが収まる位置にもっていくと、勝手に番号を読み込んでくれました。これはすごい!

Uber 6

Uberの車の場所がリアルタイムでわかる。呼ぶのも簡単!

ログインすると、以下のような画面に。
現在地を中心に、現在呼ぶことができるUberの車が表示されます。
しかもリアルタイムで動く。すげー!

Uber 2

下のスイッチを切り替えると、TAXI、UBERx、BLACK CAR、SUVを切り替えられます。
それぞれ、価格や車の豪華さ、乗れる人数が違うので、好きなものを選びましょう。
(参考:Uber – San Francisco

試しにTAXIに切り替えてみたところ。表示される車の色も変わるんですね。

Uber 3

そのままアプリから呼べます!簡単!

Uber 4

実際の車やその内部、ドライバーの感想

こちらはSUV。
若干料金は高めですが、6人まで乗れる大きい車。

Uber 7

ちょっと見にくいですが、こちらはBLACK CAR。
このときはベンツでした。

Uber 8

UberのドライバーにはiPhoneが支給されているらしく、以下の写真のように車載器に設置されています。
表示されていたのは乗せる客の名前と電話番号。

Uber 9

ドライバーは皆丁寧で気さくな方達ばかり。
その辺の道を流しているイエローキャブなんかだと、いかつかったりぶっきらぼうなドライバーも多いので、これは何気に嬉しい。

Uber 11

4、5回ほど呼びましたが、座席も革張りで乗り心地よかったです。

あとがき

アメリカでは、治安の良くないところを歩かずにタクシーを呼べるのはとても便利だし重要なこと。
滞在中はめちゃくちゃ重宝しました。

日本では状況が異なりますが、それでも降りる時にお金のやりとりが不要だったり(後日カード決済)便利なので、ぜひ来日してほしいサービス。

アメリカ旅行の際や、東京都心での移動のときにぜひ利用してみてください!

WWDC前日レポート。受付で記念品ゲット&Apple本社にも行ってみた!

⇒もっと 「iPhoneアプリ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック