2013年6月19日
Macの使い方

How to move data and app from old mac to new one title

新MacBook Airを手に入れ、早速旧Airからアプリ・データ・設定を移行することに。

前回は以下の記事の通りWi-Fi経由で直接移行したのですが、

旧から新MacBook Airへ、データ・アプリ等全てを移行する手順(無線LAN使用)

今回は、TimeMachineでバックアップされているデータを使って移行をしてみることに。簡単ですがその手順をご紹介します。

Time Machineのバックアップ経由でMacを移行する手順

新しいMacを起動したら、「このMacに情報を転送」画面までいきましょう。
すると情報の転送方法について聞かれるので、「別のディスクから」を選択。

How to move data and app from old mac to new one 1

すると、同一Wi-Fi上にあるTime Machineデータが表示されます。
私はMacBook AirとiMacのデータをバックアップしていたので、2つ。
前者を選んで続けます。

How to move data and app from old mac to new one 2

なお、Time Machine(Time Capsule)へのバックアップ方法は以下の記事をどうぞ。

Macのインターネット接続とバックアップに!Time Capsuleの購入&簡単設定レポート

次に、転送する情報を選ぶ画面。
大抵の場合は全てでしょうから、全部にチェックを入れたまま次へ。
(容量を計算中でも特に問題ありません)

How to move data and app from old mac to new one 3

あとは移行が完了するまでひたすら待ちましょう。

How to move data and app from old mac to new one 4

私の場合、光Wi-Fi、容量100GBで約4時間ほどかかりました。
もっと早く移行したいという方は、Thunderboltケーブルで直接移行するのがいいでしょう。
以下のブログ記事で詳しく解説されています。

ほとんど移行できるが、一部できないものも

以上で、ブラウザで開いておいたタブなんてものまでほとんどが完璧に移行されるのですが、私がMacに入れていたアプリ・設定のうち以下は移行できていませんでした。

・Google日本語入力
・caps lockキーをcontrolにする設定
この記事の①の設定をすればOK)
VMWare Fusionはインストールされているものの、起動できず
 →おそらくコピー対策、専用の手順が必要と思われる

Google日本語入力はインストールすればいいだけですし、caps lockの設定も簡単。(なぜ移行できないかわかりませんが)

ただ、コピー対策がされていると思われるVMWareは、別途調べて解決する必要がありそう。
こちらは方法がわかり次第、追って記事にしたいと思います。

あとがき

以上、Time Machine経由でMacの移行をする手順をご紹介しました。

現在この記事は移行先の新MacBook Airで書いていますが、ブログ執筆に使っている各種ツールも旧Airと全く同じように使えており、至って快適です!

新しくMacを購入した際の参考にどうぞ。


なお、私が使っているTime Capsuleは以下。有線を無線Wi-Fiにして飛ばしつつ、Time Machineバックアップもできる優れものです。

先日のWWDCで発表された、新Time Capsuleは以下から。なんか長くなっとる・・・!

⇒もっと 「Macの使い方」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック