2013年6月14日
iPadアプリ

Ios world clock 4

iPhone・iPadにはいくつかデフォルトで入っているアプリがありますが、意外と全ては知らなかったりするもの。

今回紹介する、iPhone・iPadのデフォルト時計アプリ「世界時計」もそんなうちの1つ。

海外に来て始めて使ってみたのですが、これが時差のある場所の時間チェックにとても便利!

現在来ているサンフランシスコと日本は時差が16時間(サマータイム時)あるのですが、いちいち計算しなくてもアプリを起動すればサクっとわかります。

時計アプリをクリックし、下タブバーの「世界時計」をタップすると、何もしていない日本のユーザーなら以下の画面になります。
表示したい都市を追加するには、右上の+ボタンをタップ。

Ios world clock 1

都市名を途中まで入力すると、候補が絞りこまれるので便利。

Ios world clock 2

追加してみました!
「日本とサンフランシスコの時差は確か17時間だから・・・いや、サマータイムで1時間早まって・・・」とか考えずとも、これを見れば一発です。

Ios world clock 3

iPad版だと、さらにいい感じのデザイン。
世界各地の都市(編集可)のアナログ時計が一覧できる上、天気や気温までチェックできます。

Ios world clock 4

時差をガイドブックやGoogleなどで調べなくても、これでサクっと現地や日本の時間がわかりますね。
海外旅行の際には活用してみてください!

iPadのデフォルト時計アプリ・アラームの見た目がわかりやすくて驚いた

無料・有料それぞれ便利なアプリばかり。iPhoneホーム画面アプリまとめ 〜2013年春Ver〜

⇒もっと 「iPadアプリ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック