2013年6月5日
iPhone情報

iPhoneとiPod touchの違いを比較

「iPhoneのとiPod touchの違いはなに?」と聞かれて即答できますか?

手に入れるまでは、iPod touchのことを「通話機能のないiPhone」のようなものだとばかり思っていたのですが、実際に使ってみるとそれ以外にも様々な違いがあることが身に染みてわかりました。

軽さや薄さやデザイン、ほとんどのiPhoneアプリが使えるのはiPod touchの大きな魅力。
一方で、iPhoneと同じように通話やマップなどを使おうとしているのであれば、もしかすると期待はずれな部分もあるかもしれません。

今回は、意外と全部は知らない人が多い、iPhone5とiPod touch第5世代の違いを10のポイントにまとめてみました!

① 通話通信契約・電話番号の有無

iPhoneは、海外SIMフリー版などの例外を除き、基本的には携帯電話会社(日本ならSoftbankかau)との契約がないと手に入れることができません。
その会社の提供するプランに合わせた月額料金も必要になります。

また、電話機なのでもちろん電話番号があり通話することができますし、LTEや3G網で通信も可能。


iPod touchにはそれがないため、当然ながら月額料金は発生しませんし、電話番号もなく携帯回線を使った通話もできません。
通信する場合は別途Wi-Fiルーターや無線LAN設備が必要になります。

ただ、通信手段さえ確保すれば050Plusなどアプリを使った通話は可能。
例えば以下の記事で紹介したようなものです。

iPhoneとAndroidの月額料金を最低限に安く!データ通信料だけで通話&メールができるアプリまとめ

050plusでiPod touchを電話(iPhone)化する際に注意すべきポイント4つ



② GPSの有無

iPhoneにはGPSが搭載されているため、自分の位置や向かう方向がわかります。

例えばマップアプリを頼りに移動するときなどに、威力を発揮してくれるでしょう。

Googleマップアプリのカーナビ機能だって使用可能です。十分カーナビとして実用レベル。

iPhone/Androidをカーナビにしたら超便利!車載キットを買いました

購入したiPhone車載キットは以下です。



iPod touchにはGPSがついていません。コンパスも使えないのでiPhoneのように自分の向いている方向を示す機能もありません。

よって、例えばマップアプリでの現在地表示の即時性はかなり低くなります。
(Wi-Fi基地局の位置である程度は可能だが、動きに後からついてくる感覚。反映がiPhoneに比べ遅い)

また、私が使ったところではランニング計測アプリの距離が大きくずれるといった難点もありました。

位置情報を利用するアプリに関しては、あまり期待しない方が良いようです。

個人的には、ちょっとくらい高くなってもいいからGPSは載せてほしい。。。

③ iPod touchは一部アプリが利用不可(電話、コンパス、SMS)

①、②で述べた通り、iPod touchは電話機ではなく、またGPSがついていないため、電話・コンパス・SMSアプリが利用できません。

④ マイク、スピーカーの位置

①でiPod touchもアプリを使えば通話できると書きましたが、iPhoneと同じように電話できるかというとそうもいきません。

iPhoneで相手の声が聞こえてくる部分がiPod touchにはないので、スピーカーもしくはイヤホンを挿してから聴く必要があります。また、マイクの位置がiPhoneでいうと耳側にあるのもiPod touchの特徴。


iPod touchで通話する場合は、イヤホンで聴きつつマイクに向かって話すか、ヘッドセットなどを利用するのが現実的でしょう。

私が使っているヘッドセットは以下の2つ。いずれもBluetooth接続で、マイクがついているので通話可能です。

⑤ CPUやメモリなどの性能

iPhoneとiPod touchでは、搭載されているチップ(CPU)やメモリの性能が違います。

現在までのところ、iPod touchにはiPhoneより1世代前の(1ランク性能の低い)チップが使われる傾向にあるようです。


また、カメラの性能もiPhoneの方が若干優れています。
これまで使ってみた感じだと、明るいところではそれほど大きな差はありませんが、室内や薄暗い場所だとかなりの違いになるという印象。

以下の記事で比較していますので、ご参考に。

iPod touch第5世代とiPhone4Sのカメラで撮影した写真を比較してみた

⑥ 価格

iPhoneの場合は携帯会社との契約が絡むので一概には言えませんが、機能を絞っている分iPod touchの方が基本的には安価。

2013/6/1現在ソフトバンクオンラインショップでは16、32、64GBが一括でそれぞれ51,360、61,680、72,000円。
(※契約内容などで割引される場合あり)
それに対し、iPod touchは16、32、64GBがそれぞれ22,800、29,800、39,800円です。もちろん携帯キャリアとの契約は不要。

⑦ 軽さ・薄さ

圧倒的な軽さ・薄さは、iPod touchの最も優れた点といってもいいでしょう。
iPod touchをiPhoneユーザーに見せると、その軽さ・薄さに皆一様に驚きます。

iPhone5の重量・厚さは7.6mm、112g。
それに対し、iPod touch第5世代は6.1mm、88g。

iPhone5だってかなり薄く軽くなっているのですが、さらに機能が限定される分iPod touchはさらにその上をいきます。

スマートフォンとカードの中間くらいのサイズ感といっても過言ではないくらい。
ポケットに入れていても重さをほとんど感じません。

圧倒的な軽さと薄さ!iPod touch第5世代はデザインも質感も素晴らしい!

⑧ デザイン・色、ストラップ

iPod touchの32/64GBは、6色から選べるカラフルさも特徴。

iPhoneを思わせるブラック・シルバーの他、ピンク、イエロー、ブルー、レッドがラインナップされています。

また、iPhone5のようなツートンカラーではなく、背面はアルミの一体成型。より丸みがあってやわらかい印象です。

どのへんが違うのか?iPod touch第5世代とiPhone4Sの外観を比較!

ちなみにiPod touchにはストラップもついていますが、私は今のところ使ったことないですね…。

⑨ マナーモードのON/OFFスイッチ有無

iPod touchは電話ではないため、マナーモードのON/OFFスイッチがついていません。

なので、例えば音を出してはいけない状況の場合にはで音を最小(消音)になるまで音量を下げる必要があります。

但し、普通に音量を下げても通知音(効果音)は鳴ってしまうことに注意。
以下の設定をすることで、その音も調節することができるようになります。

iPod touchやiPhoneの着信音・通知音をボリュームボタンで調節する方法

⑩ 付いてくるイヤホン

地味に知られていないのがこのポイント。

iPhoneの場合付いてくるイヤホンは「Apple EarPods with Remote and Mic」で、EarPodsにマイクとリモコンがついたものです。

iPod touchの場合はただの「Apple EarPods」。つまりマイクとリモコンはついていません。
これは言われないとなかなか気付かないですよね。。。

あとがき

この6月にはアップルの開発者向けイベント「WWDC」が開催されます(私も参加予定)。

そこで新iPhoneが発表される可能性は低いと見られていますが、遅くとも秋くらいにはiPhoneとiPod touchの新型が出揃うことでしょう。

今回まとめた10のポイントは、新型になっても傾向として大きくは変わらないと思います。

これからiPhone5 or iPod touch第5世代で迷う方、これから新型でどちらを買おうか迷っている方は参考にしてください!

無料・有料それぞれ便利なアプリばかり。iPhoneホーム画面アプリまとめ 〜2013年春Ver〜

⇒もっと 「iPhone情報」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック