2013年6月2日
ScanSnap(スキャナー)

Scansnap ix500 wireless send title

自炊(本のデータ化)に、書類やハガキ、名刺などのスキャンにと活躍する、私も愛用しているスキャナーScanSnap iX500

そのiX500に、ソフトウェアアップデートによって待望の「パソコンとのWi-Fi(無線LAN)接続機能」がついに搭載されたとのこと。

この機能によってパソコンとのUSB接続から開放されるので、もはやパソコンとスキャナーを近くに置く必要がなくなりました。部屋のレイアウトが自由になりますし、使用時の取り回しもより容易に。

実際にWi-Fi接続でスキャンをしてみたので、その手順をご紹介します!

まずはScanSnap Managerをアップデートし、パソコンと無線設定

iMacを確認してみると、ScanSnap Managerのアップデートが来ていました。
案内にしたがって更新開始。

Scansnap ix500 wireless send 1

以前iX500からスマートフォンに直接データを送る設定をすでにしていたためか、「すでに無線設定されています」とのこと。

Scansnap ix500 wireless send 2

今回はWi-Fi接続(無線LAN)でスキャンし、そのデータを送れるかを試したいので、この時点でUSBケーブルを外してみる。

すると、一旦「接続が解除されました」の通知が出た後、すぐに「接続されました」の通知が再度リマインドされました。

Scansnap ix500 wireless send 3

Wi-Fi接続がきちんとされているかを確認するためには、ScanSnap Managerの設定を開き「Wi-Fi接続」をクリック。
(Macの場合)

Scansnap ix500 wireless send 4

すると、接続されているScanSnap iX500が表示されます。
接続されていない場合はここで「接続」ボタンをタップすればOK。
なお、当然のことながらパソコンとiX500が同一Wi-Fiネットワーク上にいる必要があります。

Scansnap ix500 wireless send 5

設定してWi-Fi経由でスキャンしてみる

今まではUSB接続されていないと出てこなかった設定画面ですが、Wi-Fi接続されていれば操作できました。

Scansnap ix500 wireless send 6

ためしに、「ジョジョリオン」の最新第4巻表紙をスキャンしてみることに。

Wi-Fiでしか接続されていないiX500でスキャンすると、きっちりパソコンに送られてきました!

Scansnap ix500 wireless send 7

うむ。いい感じですね。

Scansnap ix500 wireless send 8

あとがき

今まではパソコンの位置の近くにスキャナー(ScanSnap)を設置する必要がありましたが、このアップデートによりその必要はもはやなくなりました。

同一ネットワークにつないでおきさえすれば、好きなところにScanSnap iX500を置いてスキャンできるわけですな。素晴らしい!

これでケーブルの取り回しがやや面倒だった自炊(本のデータ化)もさらに捗りそうです。

ScanSnap iX500ユーザーの方は、ぜひ試してみてください!

性能アップしたScanSnap iX500で自炊!本に合わせた最適な設定と手順とコツ

本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

⇒もっと 「ScanSnap(スキャナー)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック