Google Analyticsデータ共有のススメ。他サイトのデータも活用すれば知見は何倍にもなる!

Google analytics data share title
Google-Analytics / DigitalRalph

Webサイトやブログ管理者であれば、ほとんどの人が使っている無料のアクセス解析サービス、Google Analytics(グーグルアナリティクス)

使い切れないほど多くの機能があり、アクセス数だけでなく様々な指標を確認することができます。
このデータをチェックしつつ、サイト運営に役立てている方も多いでしょう。


今回紹介するのは、このGoogle Analyticsのデータを他の人にも見られるようにする(ユーザーの追加)手順。

他のサイトのアクセス解析結果を見ることで、例えば自分では書いたことがないジャンルの記事を書くとどういう反応があるのか、レイアウトの違いでどう結果が違うのかなど、自分のサイトのみのデータでは知り得ない情報をたくさん得ることができます。

協力できそうなサイト管理者がいる場合には、かなりオススメです!


Google Analyticsのアカウントに、他のユーザーを追加する手順

Google Analyticsにアクセスしたら、右上の「アナリティクス設定」をクリック。

Google analytics data share 1

するとアカウントリストが出てくるので、他のユーザーに共有したい自分のプロファイルを選択。

Google analytics data share 2

「ユーザー」タブから、「新しいユーザー」ボタンをクリック。

Google analytics data share 3

あとは、データを共有したい相手のメールアドレスを入力し、追加するだけです。
役割を「管理者」にしてしまうと様々な変更など何でもできてしまうので、通常(データ参照のみ許可)の場合は「ユーザー」にしておきましょう。

Google analytics data share 4

以上の設定は、あくまで自分のデータにアクセス可能なユーザーを追加したのみ。
お互いにデータ参照可能な状態にするには、相手側でもこの設定が必要です。

また、Google Adsenseを連携している場合は、日々の収益も相手から見られるようになります。
そこまでは見られたくない・・・という場合はご注意を。

あとがき

Google Analyticsを参照可能にするとサイトに関するデータがほぼ筒抜けになってしまうので、ガチで運営しているところはあまり共有してくれないかもしれませんが・・・相手にとってもメリットがあったり、サイトやブログ運営仲間がいる場合には大いに活用したい機能ですね。

他サイトのデータを見てみると様々な違いがあって面白いですし、参考になる部分も多いです。

ぜひやってみてください!

Google Analyticsでブログへの都道府県別アクセス数を調査。カリフォルニアよりアクセスの少ない県はどこ?
iPhone/iPadでもGoogleAnalyticsアクセス解析を快適に閲覧できるアプリ「Quicklytics」

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。